桑山光包

桑山光包(くわやまみつかね)  

短刀
無銘
名物 桑山光包
個人蔵

  • 中堂来光包作
  • 享保名物帳所載

    桑山光包 無銘八寸六分半 代金三百枚 松平加賀守殿
    江州大津にあり桑山伊賀守殿、千五百貫にて求め、遺物として家光公へ上る、筋違橋御普請請利常卿へ被仰付出来の砌拝領なり

由来  

  • 桑山伊賀守元晴所持にちなむ。

来歴  

桑山元晴  

  • 江州大津の住人が所持していたものを、桑山元晴が千五百貫で買い上げた。

桑山貞晴→将軍家  

  • 桑山元晴の子の桑山貞晴に伝わるが、寛永6年(1629年)9月に後嗣のないまま26歳でに死んだ際、弟の栄晴を末期養子として継がせようとしたが御所藩は廃藩、幕府領となった。
  • しかし父元晴の功績に免じて、翌年6月に栄晴が名跡を相続することのみ認められ、旗本として存続が許される。その御礼として遺物の光包(桑山光包)大御所秀忠に、また将軍家光には守家を献上している。

    このときはじて台徳院殿にまみえたてまつり、直晴(ママ)が遺物中堂來の脇指を献じ、大猷院殿に盛家(ママ)の刀をたてまつる。時に十二歳
    (寛政重脩諸家譜)

前田利常  

  • 浅草見附、筋違見附を築造した際に前田家が筋違見附門を担当し、寛永13年(1636年)3月、その時の恩賞として家光より利常が拝領したという。
  • 万治3年(1660年)には金三百枚。

前田家代々  

  • その後加賀前田家に伝わる。
  • 戦後同家を出る。