古筆了佐


※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

 古筆了佐(こひつ りょうさ)

古筆鑑定家
古筆家初代
号 了佐

Table of Contents

 概要

  • 烏丸光広古筆鑑定を継いだのが、後に古筆了佐(こひつ りょうさ)と名乗る平沢弥四郎である。

 生涯

  • 平沢弥四郎は元亀3年(1572年)近江西川の生まれ。佐々木源氏の末流という。
  • 名は範定、のち節世と改めた。
  • 父は出家して宗休(そうきゅう)を号していた。のち、弥四郎は父の宗休とともに京都に出て近衛前久・烏丸光広に入門し、和歌を学んだ。
  • 光広は和歌の他、書、古筆鑑定、古筆蒐集を行っていたことから、父子は同時に古筆鑑定についても学ぶこととなる。また前久には書画の鑑定を学んでいる。

    烏丸光廣卿はじめて了佐というものに命じて、古筆目利の名を唱へしむ

  • のち古筆鑑定で名を成した平沢弥四郎は、豊臣秀次より「古筆」の姓を名乗るよう命じられ、同時に「琴山」という純金の極印も拝領した。すでに出家して「了佐」(りょうさ)と号していたため、古筆了佐(こひつ りょうさ)と名乗る。
  • こうして平沢弥四郎こと古筆了佐は、古筆鑑定を生業とする古筆家初代となる。
  • 了佐は寛文2年(1662年)1月28日没、享年91。

 系譜

  • 古筆家は、了佐の子・了栄が京都の本家を継ぎ、13代了信が太平洋戦争の頃まで生業とした。
  • また了佐の次男・勘兵衛(一村)は江戸に出ており、勘兵衛の子の守村(もりむら)が同じ勘兵衛を襲名し、古筆了任を名乗り別家を立てた。こちらは江戸幕府に仕えて古筆見(こひつみ)という職名を与えられている。
          【古筆別家】
    古筆了佐─┬古筆一村──古筆了任━━古筆了仲【古筆別家:古筆見】
         │
         │【古筆本家】                        【別家12代】
         ├古筆了栄──了祐━━了周                 ┌了観━了仲
         ├古筆了雪──了珉──了音──了延──了泉━━了意─┬了伴─┴了材─了博━了悦
         └清円尼                      └常最──了悦─了信
           ├───了周
          小川氏
    
    
    【古筆本家】
    初代了佐─二代了栄─三代了祐─四代了周─五代了珉─六代了音─七代了延─┐
    ┌──────────────────────────────────┘
    └─八代了泉──九代了意─十代了伴─十一代了博─十二代了悦─十三代了信
    

 宗家二代・古筆了栄

  • 古筆了佐の四男。

 宗家三代・古筆了祐

  • 実香
  • 二代了栄の子。

 宗家四代・古筆了周

  • 重忠
  • 古筆了佐の男子

 宗家五代・古筆了珉

  • 重政
  • 古筆了佐の五男了雪の子。

 宗家六代・古筆了音

  • 最専
  • 五代了珉の子。

 宗家七代・古筆了延

  • 最門
  • 六代了音の子。

 宗家八代・古筆了泉

  • 最隆
  • 七代了延の子。

 宗家九代・古筆了意

  • 定常
  • 神田道僖の子・神田道古が宗家八代古筆了泉の養子となり継いだ。

 宗家10代・古筆了伴

  • 古筆了意の子。古筆宗家10代。
  • 姓は平沢。名は最恒。通称は弥太郎。
  • 寛政2年(1790年)生まれ、嘉永6年(1853年)没、64歳。
  • 別号に一篷庵夢翁。

 宗家11代・古筆了博

  • 最信
  • 宗家10代古筆了伴の子・了材の子。※了伴の孫

 宗家12代・古筆了悦

  • 最祐
  • 古筆了意の子・常最の子。※了意の孫
  • 宗家12代を継いだ。

 宗家13代・古筆了信

  • 古筆了悦の子。




 別家二代・古筆了任

  • 古筆了佐の次男・勘兵衛(一村)の子、勘兵衛守村。
    古筆了佐──勘兵衛一村──勘兵衛守村(古筆了任)
  • 号 了任。

 別家三代・古筆了仲

  • 明暦2年(1656年)の生まれ。
  • 本姓は清水、名は守直。通称は務兵衛。清水了因。
  • 了伴の門人で、のち古筆別家の二代・古筆了任の養子となって継いだ。
  • 元文元年(1736年)没、81歳。
  • 別号に舎玄斎、釣玄斎。

 別家12代・古筆了観

  • 宗家・了伴の次男・最村。
  • 別家11代了之助の跡を継いだ。

 別家13代・古筆了仲

  • 文政3年(1820年)~明治24年(1891年)
  • 浅野文達の子、栄村。
  • 別家12代・古筆了観の養子となって継いだ。

 別家14代・古筆了仲

  • 嘉永7年(1854年)~大正9年(1920年)
  • 直村

 別家15代・古筆了任


Amazonプライム会員無料体験