黒田正宗

黒田正宗(くろだまさむね)  

短刀
名物 黒田正宗
長八寸七分

  • 享保名物帳所載(ヤケ)

    黒田正宗 無銘 長八寸七分 御物
    黒田筑前守宗英老求、忠長公へ進也、家康公へ上る、忠先切。

    • 「一本に(長)八寸五分とあり」
  • 詳註刀剣名物帳

    この由来書脱字あるべし、三宅本名物帳も黒田筑前守宗英とあり、これは黒田筑前守殿(長政)宗英老より御求め、忠長(駿府大納言)公へ進するなり家康公へ上ると修正すべし。黒田家譜に筑前守と云人数名あれど宗英と名乗るものなし、忠長も幼少の時に家康薨去なれば少し覚束なく思ひど、これは本文の儘として妨なし。

由来  

  • 筑前福岡藩主黒田家所持にちなむ。

来歴  

  • 最初の所持者が混乱しており、詳註刀剣名物帳でも初代藩主長政としているが、これはその息子で2代藩主の黒田忠之(戒名:高樹院傑春宗英)のことと思われる。
  • 黒田家から松平忠長(駿河大納言)へ贈られ、そこから家康に献上されたとするが、詳註刀剣名物帳では幼少のためこれも無理があるが本阿弥控帳のままにするとしている。
    忠長が甲府24万石を拝領したのは家康薨去と同年とする説もある。
  • その後は不明だが、将軍家所蔵で焼けたとすると明暦の大火で焼けた可能性がある。※ただし焼けた一覧に名前は出ていない。