鎺国行

鎺国行(はばきくにゆき)  


磨上無銘 国行
二尺三寸八分

  • 来国行の作
  • 政宗の遺愛刀
  • ハバキ国行
  • 新調の鎺は、金無垢二枚鎺で、松皮苔の上鎺に「国行」の二字透かし彫り。

由来  

  • 鎺(ハバキ)に銘があり、それに「国行」と彫ってあったため名付けられたという。
  • 伊達家剣槍秘録にも最初に掲載する。

来歴  

  • 天正18年(1590年)6月9日に秀吉が政宗に贈ったとされる刀。
    • 小田原攻めの際に、目赤鶴を捕らえたという伊達政宗の自慢の鷹を所望した所、その鶴を添えて献上したのに対してこの太刀を贈った。
    • 同11日に秀吉の近臣富田一白が政宗に送った手紙によれば、鎺を金無垢に作り替えた時、本阿弥家で元の共鎺が行方不明になったが、見つけ出して提出するように一札採っているという。
  • 老年、伊達政宗は、亘理来(わたりらい)、くろんぼ斬景秀鎬藤四郎、そしてこの鎺国行はこの歳まで身から離さず秘蔵してきたため、今後も他家に出さぬよう命じたという。
  • 鎺国行について、秀吉近臣の冨田左近将監一白が、(天正17年か)6月11日の書状で次のように書いて送っている。

    国行之太刀一振被進之候 殿下様一段と御秘蔵之御太刀之事に候間於其方も御秘蔵尤存候鎺ぶ国行と銘御座候に付鎺国行と申天下無双候

  • 貞享元年(1684年)12月に本阿弥折紙を出させている。

    貞山様御拝領一
    鎺国行御刀 金百枚
    城州国行
    正真 長サ二尺三寸八分 少磨上無銘也 代金子百枚

  • 昔は友鎺であったのを本阿弥家で直させたという。
  • 太平洋戦争終了まで同家に伝来。
  • 現在行方不明