綾小路定利

綾小路定利(あやのこうじさだとし)  

  • 文永年間の刀工
  • 文永年間(1264-1275)に京都四条の綾小路(あやのこうじ)に住んだため綾小路定利と呼ばれるが、太刀姿や鍛え、刃文などの作風からは鎌倉前期の刀工とみられる。

初代  

  • 藤五郎定宗の子
  • 通称、弥太郎
    • 弥五郎ともいうが、弥五郎は初代の門人で定俊のこことする説や、弥太郎定利と弥五郎定俊のいずれも門人とする説などがある。
  • 銘「定利」と二字で、草体に切る
  • 来国行と同時代でかつ近所に住したため、忙しくて注文がさばけない時には互いに刀を貸し借りし、銘のみ入れて客に渡したという。

代表作  

太刀
銘「定利」長78.7cm、反り3cm強。表裏に棒樋を掻き流す。なかご生ぶで雉子股形。棒樋の下に二字銘。寛文3年(1663)、将軍徳川家綱が日光に社参した帰りに岩槻城主阿部正邦に与え、同家に伝わった。昭和24年2月18日旧国宝指定、昭和26年6月9日新国宝指定。東京国立博物館所蔵
太刀
銘「定利」昭和9年1月30日旧国宝指定。東京国立博物館所蔵
太刀
銘「定利」明治43年4月20日重要文化財指定。日枝神社所蔵
太刀
銘「定(以下茎(なかご)磨上げ)」伝綾小路定利。韋巻柄(かわまきつか)及び茎断片が附き、「射楯兵主拵」と呼ばれる。慶長5年(1600年)姫路城主木下家定の家老青野甚左衛門による寄進。重要文化財。姫路市射楯兵主神社所蔵、東京国立博物館寄託

綾小路派  

  • 文永(1264)ごろに綾小路に住した定利を祖とする刀工
    定利──┬定則──国信
        ├定業──定次
        └定家──定安
  • ただし定利以外はほとんど遺作が現存しない。

定吉  

太刀
銘「定吉」長70.5cm、反り2.7cm。丸留の棒樋。目釘孔2個。昭和24年2月18日重要文化財指定。個人蔵