朝嵐勝光

朝嵐勝光(あさあらしかつみつ)  


銘 備前国住長船二郎左衛門尉藤原勝光
朝嵐 松下昌俊所持 永正元年八月吉日
長二尺、反り六分
重要美術品
個人蔵

  • 備州長船派勝光の作
  • 右京亮勝光は、文明十年から同十六年の間に最も活躍している。左京進宗光は弟。次郎左衛門尉勝光は右京亮勝光の子とされ、文亀~享禄年間。
  • 表に真の倶利伽羅竜、裏に「天照皇太神」と五文字で神名を彫る。
  • 中心うぶ、表に長銘、裏に「朝嵐」と所持銘。

由来  

  • 「朝嵐」は截断銘の一種。
    • 草上の露が朝嵐に会えばぽろりと落ちることから。

来歴  

  • 昭和16年(1941年)9月24日に重要美術品指定。成澤秀太郎氏所持。