晴思剣

晴思剣(せいしけん)  

脇差
無銘 左 長巻直し
運有天敢莫退/晴思剣
長54.4cm
島田美術館所蔵

  • 別名で「銀垂(ぎんだれ)」と呼ばれる。
  • 左安吉(二代・子左) の作。
  • 長巻直しの脇差とされる。蝋色塗脇差拵が附く。

由来  

  • 細川忠興が、茶坊主に化けていた間者を討ち果たし、思いを晴らしたことにちなむという。
  • 銘には、「運は天に有り、敢えて退くこと莫かれ」と書かれている。
  • 別名「銀垂」の由来は不明。

来歴  

  • 細川忠興織田信長より拝領した。
  • 忠興から長男の忠興の子孫である、細川内膳家に伝来した。
    細川忠興の長男細川忠隆(長岡休無)の子である忠春の子、つまり長岡休無の孫に始まる家系。肥後熊本藩の一門家臣首座で、6千石を領した。幽斎と忠興が一時名乗った長岡を姓とし、明治後に細川姓に復した。細川内膳家の下屋敷は砂取邸と呼ばれた。
     細川幽斎─┬細川忠興─┬細川忠隆(長岡休無)──長岡忠春──長岡忠重(忠季)──長岡忠英【細川内膳家】
          │     ├細川興秋(→細川興元養子)
          │     ├細川忠利[熊本藩初代藩主]──細川光尚[2代]
          │     ├細川立孝──細川行孝[宇土藩初代藩主]──細川有孝[2代]
          │     ├細川興孝【細川刑部家】
          │     └松井寄之(→松井興長養子)
          │
          ├細川興元[常陸谷田部藩初代藩主]─┰興昌[2代]──興隆[3代]
          ├伊也(一色義定のち吉田兼治室)  ┗興秋
          ├細川幸隆[豊前竜王城主]
          └細川孝之(細川休斎)[豊前香春城主]
    
  • その後、島田美術館所蔵となった。