日光助真

日光助眞(にっこうすけざね)  

太刀
助真(号 日光助真)
二尺三寸九分
刃長71.2cm、反り2.5cm、元幅3.2cm、先幅2.5cm。
国宝
日光東照宮所蔵

  • 鎌倉時代中期頃の刀工、助眞の作
    • 助真は鎌倉一文字と呼ばれ、「可然物」に入る。一方で「新作物」にも選ばれており、二代説となる。
    • 三浦党の本拠逗子市沼間で、三浦毛重代の笑栗(えみぐり)の太刀を造ったという。笑栗は三浦義明佩用と言い、義明が治承4年(1180年)に89歳で没しているため、助真は古備前鍛冶ということになる。
  • 鎬造、庵棟、身幅広く、鋒は猪首。
  • 茎は少し磨上げてあり、栗尻、目釘孔二つ、勝手下りの鑢目残り、もと目釘孔の上の樋を掻き流した下に「助真」の二字銘が入る。
  • 日本名宝展覧会出展

    身長二尺三寸五分、鎬造り、表裏に棒樋刃文大丁子亂れ、拵は天正式、中身は福岡一文字の名工で後年鎌倉に移り、相州物の素地を作って鎌倉一文字の稱ある助真の代表的傑作、家康の愛刀である。

来歴  

  • 秀吉没後、加藤清正が徳川家康に献上した太刀
    加藤清正の娘、瑤林院を紀伊大納言頼宣に嫁がせる際に、婿引出として頼宣に贈ったともいう。
  • 家康の愛刀として名高く、死後東照宮に納められた。
  • 日光東照宮の神殿深く祭られていることから「日光助真」と号し、享保名物帳にも記載されている。
  • 1910年4月20に旧国宝指定。
  • 1951年6月9日に国宝指定。