丙子椒林剣

丙子椒林剣(へいししょうりんけん)  

直刀
刃長65.8cm
四天王寺所蔵、東京国立博物館寄託

  • 上古刀
  • 切刃造りで、反りのない直刀。現代の刀剣用語では「大刀」に当たる。
    ※「剣」は両刃で左右対称形のもの。
  • 中心四寸六分、刃長二尺一寸五分。
  • わずかに内反り、切刃作り、魳切先。
  • 佩き表の鎺元近くに、「丙子椒林」と金象嵌。

由来  

  • 腰元の平地に隷書体の「丙子椒林」の4字が金象嵌で表されていることによる。
  • 「丙子椒林」の解釈には諸説あるが、古くは「丙毛槐林」とし、丙毛は蘇我馬子、槐林は大臣の意であると伝えていた。
  • しかし新井白石がこれを「丙子」は作刀された年の干支、「椒林」は作者と解釈し、現在ではこの通りに解釈するのが一般的である。
  • 室町期にはすでに柄や鞘がなく、刀身だけとなっていた。
  • 江戸時代に新井白石が拝見し、栗原信充は写生をしている。
  • 所蔵する四天王寺でも研磨の議が三回も起こったが、いずれもおみくじを引いた所「不可」と出たためそのままになっている。
  • 終戦後、初めて小野光敬の手で研磨された。
  • 昭和27年(1952年)国宝指定。
  • 寺伝では聖徳太子の剣という、「七星剣」とともに大阪市の四天王寺に伝わる。