三原(刀工)

三原(みはら)  

備後の刀工集団
三原派

  • 三原正家に代表される備後の刀工集団。
Table of Contents

古三原  

  • 備後三原派は無銘が多く、古くは下作とされた。
  • しかし応仁文明ごろに実戦で使用され切味が良いことがわかると、評価が高まった。

三原正家  

  • 御調郡三原庄に住した刀工集団。

初代  

  • 中でも初代正家は元祖、または中興の祖と呼ばれる。正和ごろ。
大三原
享保名物
細川家の大三原
細川家伝来。

その他  

  • 貞治ごろの正家を「親正家」、永和ごろの正家を「子正家」とも分類する。
  • 延文ごろに左衛門尉、天授ごろに兵庫助と切ったものがある。
大天狗正家
江戸幕府の将軍家剣術指南役、大目付を務めた柳生但馬守宗矩の所有した刀。宗矩は大坂の役で将軍秀忠のもとで従軍しており、徳川軍の案内役を務め秀忠の元に迫った豊臣方の武者7人(人数に異同あり)をこの「大天狗正家」で瞬く間に倒したという。

後の三原  

  • 正家より後の正広を「後の三原」とも呼ぶ。

貝三原  

  • 末三原の後半に「三原住貝」と切るものが現れたので、貝三原と呼ぶ。
  • 享保名物大三原は、正家のものか、または子の正広のものとされる。

二目貫  

  • ふためぬき。
  • 目釘孔を2ツ並べて穿つのみで刀工銘を切らない。二つ目抜とも。
  • 刀工銘を切る二目貫もいるという。
    • 則助、有正、守安、吉房、淡路房、鬼、藤島、有国など。
  • 徳治ごろ。
  • 深津山城守の作もという。
  • 駿河または備後。