古今名物類聚

古今名物類聚(ここんめいぶつるいじゅう)  

江戸後期の茶器の名器を集めた書
全一八巻
陶斎尚古老人

「古今名物類聚」は出雲松江藩主の松平不昧による著作。「陶斎尚古老人」とは松平不昧のこと。

名物茶器を集めて分類した内容で、現在に至るまで茶器の評価基準を決定づけた。

Table of Contents

概要  

越前松平家(結城秀康四男直政流)の分かれ、出雲松江藩七代松平治郷が、文化三年(1806)隠居後、不昧と号し名物道具蒐集研究に耽り「古今名物類聚」にまとめた。

茶碗・花入れ・書画など茶会に使われる茶器について、宝物之部、大名物之部、中興名物之部、名物並之部、上之部、中之部、下之部の7つに格付けし、伝来や購入年、当時における評価額、購入金額まで記録している。

一般に茶器の名物を「大名物」と「中興名物」とする分類は、不昧が「古今名物類聚」で示した基準が元になっているとされる。

寛政二年(1790)から寛政九年(1797)にかけ江戸須原屋市兵衛から四回にわけて刊行された。

序文  

                陶斎尚古老人誌
 凡例
名物と稱するは。慈照相公(ししやうさうかう)足利義政)茶道翫器(ぐはんき)にすかせ給ひ、東山の別業に茶會をまうけ。古今の名畫。妙墨。珍器。寶壺の類を(あつ)め給ひ。なを當時の數寄者。能阿彌。相阿彌に仰せありて。彼此(こゝかしこ)にもとめさせられ。各其器の名と儥とを定めしめ給ふ次て。信長。秀吉の二公も。亦茶道に好せ給ひ。利休。宗及などに仰せて。名を命し(あたひ)をも定めしめらる。後世是等の器を稱して名物といふ。其後小堀遠州公古器を愛し給ひ。藤四郎以下後窰(のちがま)國焼(くにやき)等のうちにも。古瀬戸。唐物にもまされる出來あれとも。世に用ひられさるを惜み給ひ。それかなかにもすくれたるを撰み。夫ゝに名を銘せられたるより。世にもてはやす事とはなれり。今是を中興名物と稱す。それよりしてのち。古代の名物をは。大名物と唱る之
一、大名物は。多く
(おほやけ)御物(ごもつ)となり。またはやんことなき方の納殿にこめられたれは。たやすく世の人の見る事を得へきものにあらす。さるによりてしはらくおきぬ。然とも初め其器の諸家にありたる時の傳記。公へ奉りたる事跡。ならひに圖記等は。求め得るにまかせて。次編に出すへし。大名物を後にして。中興名物をさきとするは。今世に用ゆる所を専らとすれはなり。
一、小壷を焼とは。元祖藤四郎をもつて鼻祖とす。藤四郎本名加藤四郎左衛門(加藤景正)といふ。藤四郎は上下をはふきて呼たるなるべし。
後堀河帝貞應二年。永平寺の開山道元禪師に隋て入唐し唐土(もろこし)に在る事五年。陶器の法を傳得て。安貞元年八月歸朝す。唐土の土と藥とを携歸りて、初て尾州瓶子窰にて焼たるを唐物と稱す。
(略)
一、此書の次編は
 大名物  茶碗香合  織物  名物雑記
以上四編なり。校合の全にしたかちて梓行すへし
一、大名物。中古名物のうちにも。回録(くはいろく)等によりて名のみ残りたるもあり。幸にして關記に形の残りたるもあり。今此編を著す大意は。世に存する所の名器。もし不思議の災にかゝりて。其物は烏有となるとも。千歳の後に。名と物とのかたしろを残さむかため之。然とも大名物はさらなり。何れ諸家の秘藏する所なれは。悉くみるによしなし。もし。みさるところの器の主。其器の名を不朽に傳へ。且天下と樂しみをおなしうすろの志を起し給ひて。其藏す所をおします。それか圖をうつし。其大小分寸ならひに其修覆等をしるして。申椒堂(須原屋市兵衛)かもとにおくり給はゝ。我輩の幸のみならす其器の幸ならむ。且大名物は天下古今の名物にて一人一家一世の名物ならねは。四方の數寄人(すきひと)等。力をともにし給はむ事を(こひねが)ふとになむ。
 于時
天明丁未之孟春

目次  

  1. 【中興茶入之部】デジコレ
  2. 【中興茶入之部】デジコレ
  3. 【中興茶入之部】デジコレ
  4. 【中興茶入之部】デジコレ
  5. 【中興茶入之部】デジコレ
  6. 大名物茶入之部】デジコレ
  7. 大名物茶入之部】デジコレ
  8. 【後窰國焼之部】デジコレ
  9. 天目茶碗之部】デジコレ
  10. 【樂焼茶碗之部】デジコレ
  11. 【雑記之部】デジコレ
  12. 【雑記之部】デジコレ
  13. 【拾遺之部】デジコレ
  14. 【拾遺之部】デジコレ
  15. 【拾遺之部】デジコレ
  16. 【拾遺之部】デジコレ
  17. 名物切之部】デジコレ
  18. 名物切之部】

昭和10年(1935年)版では、10の樂焼茶碗之部から下巻。

国立国会図書館デジタルコレクション  

関連項目