乱藤四郎

※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

乱藤四郎(みだれとうしろう)  

短刀
銘 吉光
名物 乱藤四郎
個人蔵

  • 「乱れ藤四郎」
  • 享保名物帳所載

    乱藤四郎 在銘七寸四分半 代金六十枚 阿部豊後守殿
    昔は細川殿の乱藤四郎と云、出来替り故の異名なり、元禄十四年極め

  • 平造り、真の棟。中心はうぶ、吉光の二字銘。

由来  

  • 細川勝元所持の時、「乱吉光」と名付けられる。「細川の乱れ藤四郎」

    細川勝元の乱吉光と「八幡閑談」にあり、と春村筆記に記したるはこの藤四郎なるべし
    詳註刀剣名物帳

    黒川春村は江戸後期の国学者。この春村の記した春村筆記に、「八幡閑談」に”細川勝元の乱吉光”と書かれていたという。

  • 藤四郎は多くは直刃にも関わらず、この藤四郎は珍しく乱れ刃ゆえに名付けられる。

来歴  

  • 細川勝元は室町幕府管領家である京兆家(嫡流家)当主。のち管領。応仁の乱では東軍総大将となる。
  • のち「乱藤四郎」は足利将軍家に献上される。
  • 永禄11年(1568年)9月28日に信長が義昭を奉じて入京、同10月18日には14代将軍足利義栄を廃し、義昭が15代将軍となる。
  • そのわずか3ヶ月後の永禄12年(1569年)1月6日、美濃に戻った信長の留守を伺い、三好一族が15代将軍足利義昭を本圀寺に囲む。このとき江州朽木の朽木元綱がこれを救い出し、その恩賞として与えられた。(本圀寺の変(ほんこくじのへん)
    この時信長は、「本圀寺急襲される」の報を受け、本来3日かかる道程を大雪の中2日で走破し、1月8日にわずか10騎足らずの供を連れて本國寺に到着したという。

    この後、本圀寺の建築物を解体し、烏丸中御門第の後に二条城(義昭期)の造営を開始する。信長自身が普請総奉行として現地で陣頭指揮を執り、細川分家である典廐家の細川藤賢の旧邸から文字通り鳴り物入りで名石「藤戸石」を搬入した。二条城は約70日ばかりで完成し、義昭は4月には本拠を移した。
  • のち秀吉が所蔵。
  • その後武蔵忍藩主阿部家に伝来するが、そこまでの経緯は不明。
    この忍藩主となった阿部家は徳川氏譜代で、初代阿部正勝は家康が人質だった頃からの股肱の臣であった。この阿部正勝の次男阿部忠吉は、横須賀城主であった大須賀康高の娘を正室に迎えており、その子阿部忠秋は政治の才を認められて家光・家綱の2代にわたって老中を務めた。寛永16年(1639年)に忍5万石を与えられ、その後阿部正権が文政6年(1823年)に陸奥白河藩への転封を命じられるまで9代183年の間、忍藩主として続いた。
  • 昭和7年(1932年)に当麻国行とともに同家を出た。
  • 現存、個人蔵

タグ