厳島の友成


※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

厳島の友成(いつくしまのともなり)  

太刀
銘「友成作」
二尺六寸三分(79.3cm)、反り九分六厘(3cm)
国宝
厳島神社所蔵

  • 友成古備前派中での代表的名刀とされる。
    • 古備前友成一派の作と見られるが、詳細は不明。友成は永延の頃から鎌倉時代にかけて同名数工あったと思われる。
  • 鎬造、庵棟。
  • 表裏棒樋。目釘孔1個。目釘孔の上の平地に「友成作」の三字銘。

由来  

  • 大正3年(1914年)4月17日に重要文化財指定。

    丙種 刀劔
    太刀 銘友成作 一口
    鹿島縣佐伯郡巖島町 巖島神社
    (大正3年 文部省告示第八十六號)

    國宝目録
    太刀 一口 丙種 刀劔
    大正三年四月十七日
    友成
    神主長松丸寄進 平宗盛ノ太刀ト傳稱ス

    平宗盛公太刀
    長二尺六寸三分
    友成
    中心啚ノ如シ棒サヤコシラヘナシ


Amazonファミリー無料体験