獅子貞宗

獅子貞宗(ししさだむね)  

脇差
無銘 貞宗
名物 獅子貞宗
1尺2寸5分(37.8cm)
個人所蔵

  • 享保名物帳所載(ヤケ)

    獅子貞宗 無銘長一尺二寸五分 無題 大坂御物
    御目抜獅子故名付、表うら樋、表樋の内に倶利伽羅剱三鈷、裏剱三鈷

  • 大坂名物
  • 表裏に棒樋、樋中に表は三鈷柄の倶利伽羅剣(剣巻き竜)、裏は三鈷柄の剣を浮彫にしたものが入っている。

由来  

  • 獅子の目貫をつけた拵えに収まっている。その目貫にちなみ名付けられたという。

来歴  

  • 大坂の役で炎上するも越前康継が再刃し、その際に写しも作られている。

    御脇差(大坂焼物) 志々貞宗
    駿府御分物帳

  • 家康は紀州徳川家頼宣に与えている。
  • 頼宣は次男の頼純に与えたため、西条松平家に伝来した。