水破兵破

水破兵破(すいはびょうは)  

鏑矢の名
水破(すいは)と兵破(びょうは)という二筋の矢。

由来  

  • 源三位頼政が、東三条の森から黒雲に乗って現れた妖怪変化を射落とすのに用いた二本の鏑矢のうちの一の矢。黒雲の真ん中を射ることで変化を驚かせ、鳴かせてその位置を確かめた。

    郎等に丁七唱、遠江国住人早太と云者二人を相具したり。唱は小桜を黄にかへしたる腹巻を著せ、十六指たる大中黒の矢の、おもてに水破兵破といふ鏑矢二つ差、雷上動といふ弓を持せたり。水破といふ矢は、黒鷲の羽を以てはぎ、兵破といふ矢をば、山鳥の羽にてはぎたりけり。早太には骨食といふ太刀を、ふところにささせたり。

  • 文殊菩薩が自身の双眼の瞳から作ったもので、元は文殊の化身、楚国の弓の名手養由基(ようゆうき)のもの。弓雷上動とともに夢中で与えられたという。
  • 水破は黒鷲の羽で矧(は)いであり、兵破は山鳥の羽で矧いであったという。