坂額御前

坂額御前(はんがくごぜん)  

平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての女性武将
巴御前とともに女傑の代名詞として「巴板額」として知られる
飯角とも

生涯  

  • 城資国の娘。兄弟に城資永、城長茂らがいる。
  • 平維茂の三男繁茂の家系は、伊勢平氏(平維衡の家系)が力を持つと同族として重用されるが、城長茂は横田河原の戦いで木曽義仲の奇襲に破れ、急速に衰退した。
  • 城長茂はのち梶原景時(良文流桓武平氏)を頼り頼朝に仕えるが、建仁元年(1201年)、叛乱を企てて建仁の乱を起こし、長茂は京において幕府軍に討伐される。
  • これと呼応する形で、旧本拠地である越後国において長茂の甥(資永の遺児)である城小太郎資盛とその叔母(資永・長茂の妹)坂額御前が挙兵し、最終的には佐々木盛綱率いる幕府軍によって鎮圧される。

弓の名手  

  • 坂額御前は百発百中の弓の腕を持っていたとされる。

    女性の身たりと雖も、百発百中の芸殆ど父兄に越ゆるなり。人挙て奇特を謂う。この合戦の日殊に兵略を施す。童形の如く上髪せしめ腹巻を着し矢倉の上に居て、襲い到るの輩を射る。 中たるの者死なずと云うこと莫し

浅利与一の妻  

  • 最終的には藤沢清親の放った矢が両脚に当たり捕虜となり、それとともに反乱軍は崩壊する。坂額は鎌倉に送られ、将軍頼家の面前に引き据えられるが、その際全く臆した様子がなく、幕府の宿将達を驚愕せしめた。
  • この態度に深く感銘を受けた甲斐源氏の浅利義遠(浅利与一、武田氏初代当主の武田信義らの兄弟)は、頼家に申請して彼女を妻として貰い受けることを許諾される。坂額は義遠の妻として甲斐国に移り住み、同地において死去したと伝えられている。

    藤澤の次郎清親囚人資盛姨母(坂額と号する女房)を相具し参上す。その疵未だ平減に及ばずと雖も、相構えて扶け参ると。左金吾その躰を覧るべきの由仰せらる。(略)阿佐利重ねて申して云く、全く殊なる所存無し。ただ同心の契約を成し、壮力の男子を生み、朝廷を護り武家を扶け奉らんが為なりと。時に金吾、件の女の面貌宜しきに似たりと雖も、心の武を思わば、誰か愛念を遺さんや。而るに義遠が所存、すでに人間の好む所に非ざる由、頻りに嘲哢せしめ給う。而るに遂に以て免し給う。阿佐利これを得て甲斐の国に下向すと。

巴板額(ともえ はんがく)  

  • 日本史における数少ない女武将の一人で、古くから巴御前とともに女傑の代名詞として「巴板額」(ともえ はんがく)と知られてきた。

関連項目