八文字長義

八文字長義(はちもんじちょうぎ)  


無銘 長義(号 八文字長義)
刃長二尺五寸九分一厘
個人所蔵

  • 長義の作。
  • 長義(ながよし)は、備前長船にあって、長船の本流と異なり自由奔放な作風を特色とする。他には六股長義山姥切が伝わる。
  • 「鬼義重」と豪勇を恐れられた佐竹義重の所持。
  • 反り四分、表裏に棒樋をかき透す。鋩子は乱れ込み尖り心に返る。中心大磨上、無銘、目釘孔2個。

由来  

  • 永禄10年(1567年)小田原の北条氏政が常陸国下妻城主の多賀谷政経を攻めた際に、佐竹義重は政経の援軍として出陣した。
  • 義重がこの長義の大刀をふるい北条方の騎馬武者の頭上から一撃したところ、兜もろとも頭部が真っ二つにわれ、馬の左右に八文字形になって落下したことから「八文字長義」と名付けられたという。
    祭礼で、まず背後から右袈裟に斬り、倒れないうちに左袈裟に斬ったところ八文字になったからともいう。また、義重が長義の斬れ味を試すために、四人分の股(8本)を縛りあわせて切らせたところ見事に切れたためともいう。

来歴  

  • もとは奥州岩城の岩城家旧蔵。
  • 佐竹義重の母が岩城重隆の娘で、その縁で佐竹家に贈られたものとされる。
  • 義重はこれを普段差しにしていた。
  • 明治まで佐竹家に伝来した。
  • 大正6年(1917年)に佐竹家の売立に出品され、小泉策太郎(三申)が入手する。
    小泉策太郎は大正~昭和時代前期の政党政治家。立憲政友会に所属し、久原房之助と並ぶ実力者で、「政界の惑星」と目され参画しない政変は無かったという。刀剣でも久原と競うように蒐集し、佐竹家伝来の蔵刀36点を買収したり、高橋箒庵(そうあん)所持刀剣を買収している。晩年の昭和9年12月に蔵品の売立を行っている。
  • 昭和9年(1934年)小泉家の売立で出品され同家を出る。