三足蝦蟇

三足蝦蟇(みつあしのがま)  

蝦蟇仙人が連れている聖獣
青蛙神(せいあじん)

  • 後ろ足が一本しかなく、それゆえ三足と呼ばれる。
  • 蝦蟇仙人はこの蝦蟇を金貨で釣り上げたという。
  • 金貨を食べる性質より、三足蝦蟇は金運を招く「財神」として民間に伝播することになる。

霊獣  

  • 天災を予知する力を持つ霊獣もしくは神。
  • 大変に縁起の良い福の神とされ「青蛙将軍」、「金華将軍」などとも呼ばれる。道教徒の間で特に信仰されていた。
  • 中国では月に青蛙神がいるとされている。蝦蟇仙人はこの三足の蛙を捕えるために、金貨で釣り上げて従えたといわれている。 家の庭先に青蛙神(せいあじん)がでると、その家に金運があり、幸せが訪れるとも言われている。

唐銅香炉「三足の蛙」(みつあしのかえる)  

  • この三足蝦蟇をかたどった唐銅香炉「三足の蛙」が本能寺に伝わっており、伝説によると本能寺の前夜、この香炉が突如鳴き出し異変を知らせたという。
  • この香炉は現存し、今も本能寺の大寶殿宝物館で保存される。