七十一番職人歌合絵巻

七十一番職人歌合絵巻(しちじゅういちばんしょくにんうたあわせえまき)  

戦国時代成立の職人を紹介した絵巻物
成立時期は明応9年(1500年)ごろと見られる
142種の職人が描かれている

一番左番匠ばんじやう
一番右鍛冶かぢ
二番左壁塗かべぬり
二番右檜皮葺ひはだぶき
三番左とぎ
三番右塗士ぬし
四番左紺掻こうかき
四番右機織はたおり
五番左檜物師ひものし
五番右車作くるまづくり
六番左鍋売なべうり
六番右酒作さかづくり
七番左油売あぶらうり
七番右餅売もちうり
八番左筆結ふでゆひ
八番右筵打むしろうち
九番左炭焼すみやき
九番右小原女おはらめ
十番左馬買はふむまかはふ
十番右皮買はふかはかはふ
十一番左山人やまびと
十一番右浦人うらびと
十二番左木伐きこり
十二番右草刈くさかり
十三番左烏帽子折えぼしをり
十三番右扇売あふぎうり
十四番左帯売おびうり
十四番右白物売しろいものうり
十五番左蛤売はまぐりうり
十五番右魚売いをうり
十六番左弓作ゆみつくり
十六番右弦売つるうり
十七番左挽入売ひきいれうり
十七番右土器造かはらけつくり
十八番左饅頭売まむぢううり
十八番右法論味噌売ほうろみそうり
十九番左紙漉かみすき
十九番右賽磨さいすり
二十番左鎧細工よろひざいく
二十番右轆轤師ろくろし
二十一番左草履作ざうりつくり
二十一番右硫磺箒売ゆわうははきうり
二十二番左傘張かさはり
二十二番右足駄作あしだづくり
二十三番左翠簾屋みすや
二十三番右唐紙師からかみし
二十四番左一服一銭いつぷくいつせん
二十四番右煎じ物売せんじものうり
二十五番左琵琶法師びはほふし
二十五番右女盲をんなめくら
二十六番左仏師ぶつし
二十六番右経師きゃうじ
二十七番左蒔絵士まきゑし
二十七番右貝磨かひすり
二十八番左絵師ゑし
二十八番右冠師かぶりし
二十九番左鞠括まりくくり
二十九番右沓造くつつくり
三十番左立君たちぎみ
三十番右図子君づしぎみ
三十一番左銀細工しろかねざいく
三十一番右薄打はくうち
三十二番左針磨はりすり
三十二番右念珠挽ずずひき
三十三番左紅粉解べにとき
三十三番右鏡磨かがみとぎ
三十四番左医師くすし
三十四番右陰陽師おんやうじ
三十五番左米売こめうり
三十五番右豆売まめうり
三十六番左いたかいたか
三十六番右穢多ゑた
三十七番左豆腐売とうふうり
三十七番右索麺売さうめんうり
三十八番左塩売しほうり
三十八番右麹売かうじうり
三十九番左玉磨たますり
三十九番右硯士すずりし
四十番左灯心売とうじみうり
四十番右葱売ひともじうり
四十一番左牙儈すあひ
四十一番右蔵回くらまはり
四十二番左筏士いかだし
四十二番右櫛挽くしひき
四十三番左枕売まくらうり
四十三番右畳刺たたみさし
四十四番左瓦焼かはらやき
四十四番右笠縫かさぬひ
四十五番左鞘巻切さやまききり
四十五番右鞍細工くらざいく
四十六番左暮露ぼろ
四十六番右通事つうじ
四十七番左文者ぶんじゃ
四十七番右弓取ゆみとり
四十八番左白拍子しらびやうし
四十八番右曲舞々くせまひまひ
四十九番左放下はうか
四十九番右鉢扣はちたたき
五十番左田楽でんがく
五十番右猿楽さるがく
五十一番左縫物師ぬひものし
五十一番右組師くみし
五十二番左摺師すりし
五十二番右畳紙売たたうがみうり
五十三番左葛籠造つづらづくり
五十三番右皮籠造かはごづくり
五十四番左矢細工やざいく
五十四番右箙細工えびらざいく
五十五番左蟇目刳ひきめくり
五十五番右行縢造むかばきづくり
五十六番左金掘こがねほり
五十六番右汞掘みづかねほり
五十七番左庖丁師はうちやうし
五十七番右調菜てうさい
五十八番左白布売しろぬのうり
五十八番右直垂売ひたたれうり
五十九番左苧売をうり
五十九番右綿売わたうり
六十番左薫物売たきものうり
六十番右薬売くすりうり
六十一番左山伏やまぶし
六十一番右持者じしゃ
六十二番左禰宜ねぎ
六十二番右かんなぎ
六十三番左競馬組けいばぐみ
六十三番右相撲取すまふとり
六十四番左禅宗ぜんしゆう
六十四番右律家りつけ
六十五番左念仏宗ねんぶつしゆう
六十五番右法花宗ほつけしゆう
六十六番左連歌師れんがし
六十六番右早歌謡さうかうたひ
六十七番左比丘尼びくに
六十七番右尼衆にしう
六十八番左山法師やまほふし
六十八番右奈良法師ならほふし
六十九番左華厳宗けごんしゆう
六十九番右倶舎衆くしゃじう
七十番左楽人がくにん
七十番右舞人まひびと
七十一番左酢造すつくり
七十一番右心太売こころぶとうり