面の薙刀


※当サイトのスクリーンショットを取った上で、画像引用元などと記載してブログやSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

面の薙刀(めんのなぎなた)  

薙刀
無銘 伝備前義光
刃長一尺五寸、中心約三尺五寸

由来  

  • 天正8年(1580年)丹後12万石を与えられた忠興は、旧領主一色家のうち最後まで抵抗する一色義有に対して、天正9年(1581年)5月妹伊也を与えて縁戚関係とすることで懐柔した。
  • しかし本能寺の変の後の天正10年(1582年)9月8日、一色義有を居城八幡山城に呼び出すと、饗応の席で加州信長作の号「浮股」で手討ちにした。
  • さらに一色義有の家臣が馬屋に逃げ込み抵抗するのを、山本正倶が差し出したこの薙刀を受け取った忠興が一振りすると、二人の両腕がもげたように落ちた。二振りすると顔を面でも落としたように削ぎ落としたという。
    面が削ぎ落ちたのは日置小左衛門であるという。
  • これにちなみ「面の薙刀」と名づけたという。

来歴  

  • 寛永18年(1641年)5月、孫の細川光尚が熊本藩2代藩主として家督相続した祝いの席上で、光尚は去る寛永12年7月に家光の前で元服した時に将軍から拝領していた備前光忠の刀を忠興に贈った。
  • これに対して忠興は「面の薙刀」を与えたが、やがてどうしたのか面の薙刀を取り返し、備前光忠も返してしまったという。

    肥後様(光尚)御家督被仰付御入國の時、御花畑に新敷小書院を御構候、而三斎公を御祝儀に御振舞被成御名乗字と一同に御拝領被成候光忠の御腰物三斎公へ進候、三斎公よりは其座にて面の御薙刀被進候、面の薙刀御取返し被成、光忠も御返し被成候時、御祝儀に被進候物御返し被成候事氣味惡敷可被存候間、何にても肴を給候へと被仰遣候故、肥後様より鶴を御進上候となり。

  • その後、光尚の孫4代藩主細川宣紀の十二女幾姫(清源院)が宇土城主細川興里に正室として嫁いだ際に持参したのか、同家に伝来した。
  • 昭和4年(1929年)3月の日本名宝展覧会では細川護立侯爵所持。

関連項目