丈木

※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

丈木(じょうぎ)  


無銘 伝盛景作
名物 丈木
刃長2尺1寸5分
井伊美術館所蔵

  • 享保名物帳名物追加

    丈木 太刀なるべし 松平加賀守殿
    高倉宮の御内、長谷部信連の子孫より出る、北国にて箸にする木を丈木と云ふ、背中に立に負ひ行くなり其内の者を切るに、丈木ともに切り留る故の名なり、長氏気短き仁にて家来を呵りながら釜の鏆なり、爐(いろり)の縁にてきざまれ奇妙に切れるものなり、刄切七つあり利常卿御秘蔵の御差料なり

    • 長谷部信連は鎌倉時代前期の武将。高倉宮(以仁王、後白河天皇の第三皇子)に仕えた。平家滅亡後に源頼朝より安芸国検非違使所に補され、能登国珠洲郡大家荘を与えられた。長氏の祖となる。
  • 無銘であり現在は伝盛景作とされるが、作がぶれている。氏房、濃州関住金行などともされる。

由来  

  • 北国で箸の材料として用いる木を「丈木(じょうぎ)」と呼ぶ。
  • この「丈木」を背負って行く者を丈木もろとも斬ったためという。

来歴  

黒瀧長氏  

  • 能登の長氏に伝わる。
    • 能登国黒滝(石川県珠洲市市川尻)というところに能登長氏の庶流が住んだため、これを黒滝長と呼ぶ。黒滝長の与市景連は上杉景勝に与していたため、天正10年(1582年)4月に能登棚木城を占領した。
  • 前田利家は長連龍にこの黒滝の長景連を討たしめるが、この時、黒滝長景連に仕えていた小林平左衛門が、暇をもらった上で長連龍につき逆に棚木城を攻めた(小林は元々は長連龍の父続連の臣であったが、続連が横死したため一族の景連に仕えたという)。

前田利家  

  • 8月20日には黒滝長景連の首級を挙げ、その証明に佩刀であった「丈木」を奪って長連龍に献上した。喜んだ長連龍は景連の首と「丈木」を前田利家に届けさせている。この「丈木」は氏房の作であったという。
    ただし、現存の「丈木」は氏房以外の極めとなっている(関住金行とも)。また黒滝の長景連は大剛の男であったと言い、二尺一寸五分の「丈木」を佩用したとも思えないため、別物の可能性がある。
  • のち長連龍の家系は加賀前田藩において「加賀八家」の一員となり重用された。
  • 前田利家はこれを愛用し、慶長4年(1599年)2月29日に秀頼が伏見の家康と会見した際、利家は家康に斬られることを覚悟し、この「丈木」を帯びていったという。

前田利常  

  • その後前田利常(小松中納言)に伝わり、利常はこれを愛用したという。

前田光高  

  • また寛永12年(1635年)に将軍家光が板橋で鹿狩りを行なった際、前田光高もお供として従っており、この時も「丈木」を指していこうとする。
  • それを聞いた父の前田利常が、「丈木」は切れ物とはいえ下作であり、何か上作の刀を指していくべきだろうといったため、左文字の刀を指して出かけたという。

前田家代々  

  • 文化9年(1812年)に本阿弥長根がお手入れし、その際に細かく記載を残している。
  • 刃長二尺一寸五分で、反り三分、大切先で表裏に棒樋をかき通す。
  • 鋩子は乱れこんで掃きかけ、焼き詰める。
  • 刃切れが6ヶ所(7とも)もあり、中心は大磨上で目釘孔2個。中心先は栗尻。鞘書きでは濃州金行となっている。