御物の行平


※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

御物の行平  

  • 現在の皇室には、御物として伝わる行平太刀が二口存在する。本項ではその二口の太刀について記述する。
    ※現在御物である行平太刀であって、「御物行平(御物の行平)」という名前の太刀があるわけではない。宮内庁では東宮相伝の行平を「行平御剣(ゆきひらぎょけん)」と呼んでいる。
Table of Contents

行平太刀(東宮相伝)  

45.豊後国行平太刀
鎌倉時代
歴代天皇御譲品
東宮御相伝 賢所御拝
御物調書

  • 代々、天皇より東宮(皇太子・皇嗣)へと受け継がれてきた太刀。「ぶんごのくにゆきひらおんたち」
  • 平成以降の伝進の儀
  1. 平成2年(1990年)1月16日:天皇陛下 行平御剣伝進の儀(赤坂御所)
    ・第125代天皇(明仁、現上皇陛下)より皇太子(徳仁、当時皇太子。今上陛下)へ
    ・平成2年(1990年)11月12日に皇居正殿にて行なわれた平成の即位礼正殿の儀において、皇太子が行平御剣を帯剣。
  2. 令和元年(2019年)9月26日:天皇陛下 行平御剣伝進の儀(赤坂御所)
    ・第126代天皇(徳仁、今上陛下)より秋篠宮(文仁、皇嗣殿下)へ
     天皇陛下 赤坂御所(行平御剣伝進の儀)
     秋篠宮さま 赤坂東邸(天皇陛下から侍従長を通じて行平御剣を皇嗣殿下へ伝進)
    ・令和元年(2019年)10月22日に皇居・宮殿にて行なわれる即位礼正殿の儀で、秋篠宮が行平御剣を帯剣される予定。


  • ※なお「東宮御相伝 賢所御拝」として用いられている太刀には、もう一口「後白河天皇御剣」も存在する(御物調書44番)。
  • ※同様に代々皇太子に受け継がれてきた「壷切御剣」も存在するが、こちらは令和2年(2020年)4月19日に予定されている「立皇嗣の礼」で親授される。「壷切御剣」と「行平御剣」は別物である。壷切ノ剣」の項を参照(御物調書




行平太刀(昼御座御剣)  

46.豊後国行平太刀
鎌倉時代
歴代天皇御譲品
昼御座御剣
御物調書