榊原正宗

榊原正宗(さかきばらまさむね)  


金象嵌 榊原式部太輔上之
大磨上
二尺三寸一分
榊原正宗

  • 表裏に棒樋をかき通す。なかご大磨上。
  • 目釘孔1個
  • 打刀拵え、鍔は赤胴七子地の十文字透かし、鞘は青塗り

由来  

  • 榊原康政所持にちなむ。
    • 康政にちなむものでは、享保名物の「式部正宗」というものもある。武蔵川越藩の松平大和守家に伝来し、東京大空襲で焼失。

来歴  

  • 元は榊原康政所持。この時に磨上を行い金象嵌を入れている。
  • のち福島正則が入手。
  • 関ヶ原の役後、薩摩の島津家久が初めて上洛する途中で、兵庫において福島正則に会し、互いに佩刀を交換した。その時に島津家に移る。
  • 島津家久から四男である日州都城の北郷久直(都城島津氏)が拝領し、都城島津家の重代となる。
    もとは北郷(ほんごう)氏。北郷久直は島津家久の四男として生まれ、のち北郷忠能の姉婿となり北郷氏を継いだ。
    4代藩主島津吉貴の時代、正徳2(1712)年11月に島津家の家格整備が行われ、その際に島津筑後家(都城島津家)は、島津左衛門家(日置島津家)、島津周防家(花岡島津家)とならび「大身分」(一門四家に次ぎ、国老よりも上)に位置付けられた。
  • 明治維新のころ、島津久寛が東京で打刀拵に新調し、差料とした。
  • 太平洋戦争で焼失。