有動刀

有動刀(うどうとう)  

関兼常作

  • 濃州関の兼常の作
    • 兼常は数代あり、寛正から文明頃にかけて活躍した兼常は「手棒兼常」の異名をとり切れ味の素晴らしさで知られる。元亀二年七月(1571年)には織田信長から鍛冶職安堵の朱印状を賜り、「関鍛冶総領事」に任じられ関鍛冶の頭領とされたという。
  • 斉藤義龍が病気と称して異母弟2人を殺害した時に用いた刀。

来歴  

  • かつてマムシの道三と恐れられた斎藤道三も、老後は衰えたのか子どもたちの扱いに差を生じ、長子義龍はそれを不満に感じるようになったという。

    道三は知恵の鏡も曇り、新九郎(義龍)は耄者(おいぼれ)と計り心得て、弟二人を利口の者哉と崇敬して、三男喜平次を一色右兵衛大輔になし、居ながら、官を進められ、ケ様に候間、弟ども勝ちに乗って奢り、蔑如に持ち扱ひ候。

    長子義龍の母である深芳野は、かつて主君土岐頼芸の妾で身ごもったまま道三に下されたという説がある。また次男孫四郎、三男喜平次は道三の正室の小見の方から生まれた兄弟であり、土岐頼芸追放後、道三はこの兄弟を可愛がるようになったと伝わる。

  • 弘治元年(1555年)、義龍は叔父とされる長井道利と共謀し、道三が稲葉山下の私邸に降りた隙を見計らい、道三が寵愛していた孫四郎・喜平次らを稲葉山城内に呼び寄せた。

    十月十三日より作病を構へ、奥へ引き入り、平臥候へき、霜月廿弐日、山城道三、山下の私宅へ下られ候、爰にて、伯父の長井隼人正を使にて、弟二人のかたへ申し遣はす趣、既に重病、時を期する事に候、対面候て一言申し度事候、入来候へかしと申し送り候

  • この時義龍は、日根野備中守弘就にかねてから大物切れという評判だったこの「有動刀」を与えて斬らせたところ、一刀で2名を両断したという。

    長井隼人正巧みを廻し、異見申すところに、同心にて、則ち二人の弟ども、新九郎所へ罷り来るなり、長井隼人正、次の間に刀を置く、是れを見て、兄弟の者も同じ如く、次の間に刀をおく、奥の間へ入るなり、態と盃をと候て、振舞を出だし、日根野備中、名誉の物切のふと刀、作手棒兼常、抜き持ち、上座に候へつる孫四郎を切り臥せ、又、右兵衛大輔を切り殺し、年来の愁眉を開き、則ち山下にこれある山城道三かたへ、右の趣申し遣はすところ、仰天致し、肝を消すこと限り無し

  • この後、美濃は道三と義龍の争いが起こり、弘治2年(1556年)に長良川で激突。道三は破れ、義龍が美濃を相続することとなった(長良川の戦い)。この時婿にあたる信長は救援に駆けつけたというが、義龍の軍勢に阻まれ退却している。
  • こののち信長は美濃に何度も出兵するが、美濃の強兵と稲葉山に阻まれそのたびに退いている。
  • 信長が美濃を攻略するのは、義龍没後に龍興が継いだ後、竹中半兵衛がわずか16人(17人とも)で稲葉山城を乗っ取るという伝説のさらに後、永禄10年(1567年)のことであった。
  • 孫四郎・喜平次の兄弟を討った「有動刀」は、のちに竹中半兵衛が入手したともいう。