安東省菴

安東省菴(あんどうせいあん)  

江戸時代初期の儒学者
柳河藩立花氏の家臣
諱は親善。のち守約、守正
省菴、恥斎と号す

生涯  

  • 立花道雪の重臣安東家忠の曾孫にあたり、安東親清の次男として元和8年(1622年)に生まれた。
  • 幼名四郎、助四郎。
    安東家忠は立花四天王のひとりで道雪七家老の第四座。立花道雪の姉にあたる戸次親家の娘を娶る。その子連直のときに立花家は改易され、安東連直は一時加藤清正の家臣となっている。その子親清の時には柳川藩主となった立花家に戻り、五百石を給せられた。
  • 省菴は次男であったが、聡明で好学心が高く器量があったため、寛永11年(1634年)に立花宗茂より分家の内意書を与えられる。
  • 立花忠茂の時代には江戸に呼び寄せられて近侍する。
  • 寛永14年(1637年)に島原の乱が起こり、柳河藩も江戸幕府より乱鎮圧を命じられると、省菴は14歳で病身(小瘡)ながら従軍している。
  • 21歳まで江戸で滞在した後、省菴は柳川に戻り、28歳のとき京都に出て儒学者松永尺五(せきご)に師事する。
    松永尺五は松永久秀の曾孫。藤原惺窩の門人で、林羅山・那波活所・堀杏庵とともに窩門四天王の一人。
    摂津高槻城主であった入江政重の子が7歳で東福寺の喝食となる。政重の母は松永久秀の伯祖母にあたる。のち還俗し松永久秀の養子(松永永種)となり連歌師として知られた。この永種の子が、俳人・国学者の松永貞徳であり、貞門俳諧の祖となった。貞徳の子が松永尺五となる。
    冷泉為孝─┬冷泉為豊──冷泉為純──藤原惺窩
         └妙忍
     入江盛重  ├──┰松永永種──松永貞徳──松永尺五
       ├─入江政重 ┃
    ┌松永妙精     ┃
    └○─○─松永久秀━┛
           ├───松永久通
    広橋兼秀─広橋保子
  • 安東省菴は承応2年(1653年)32歳の時に柳川に戻り、長崎へ病気の治療にでかけた際に明出身の医師頴川入徳(陳明徳)と出会い、入徳を通じて朱舜水との知己を得た。
  • 省菴は立花宗茂、忠茂、鑑虎、鑑任の4代にわたって仕え、元禄14年(1701年)に79歳で没した。

朱舜水  

  • 安東省菴の名は、万治2年(1659年)に当時日本に亡命していた明の儒学者、朱舜水(しゅ しゅんすい)を経済的に援助し、師弟の交わりを結んだことで知られる。
  • 安東は朱舜水が日本に留住できるよう長崎奉行に働きかけ、6年間もの間、少ない自分の俸禄(200石だが実質は80石)の半分を朱舜水のために贈ったという。※舜水が中国にいる孫に送った手紙による。
  • 朱舜水はのち寛文5年(1665年)6月に水戸藩主である徳川光圀の招きに応じ、同年7月には江戸に移住する。
  • 光圀は舜水を敬愛し、水戸学へ思想的影響を与えたほか、光圀の就藩に際しては水戸へも赴いており、光圀の修史事業の編纂に参加した安積澹泊や、木下道順、山鹿素行らの学者とも交友し、漢籍文化を伝える。朱舜水は83歳で死去した。

関連項目