城井兼光

※当サイトのスクリーンショットを取った上で、まとめサイト、ブログ、TwitterなどのSNSに上げる方がおられますが、ご遠慮ください。

城井兼光(きいかねみつ)  


無銘
名物 城井兼光(松井兼光
長67.7cm、反り1.5cm
福岡市博物館所蔵

  • 享保名物帳で「松井兼光」と記載されるのがこの刀である

    松井兼光 長二尺二寸三分半 無銘 無代 松平筑前守殿
    黒田長政卿城井にて御手討被成大切れなり、総て昔より大切物と申伝ふ

  • 昔から非常によく切れた(大切物)と申し伝えられていたという。
  • 鎬造り、庵棟、大鋒
  • 棒樋の彫物、樋先やや下がる
  • 中心大磨上、先栗尻。目釘孔6個、うち4個を埋める

由来  

  • 御当家有職故実

    備前兼光御刀 弐尺弐寸三分半 代金二十枚 別書一説三十五枚 松山兼定ともいふ
    長政公御指料御秘蔵にて常ニ御指被遊耳川にても此御刀なり 天正十六年豊前国中津御城ニ而城井中務鎮房を御切害被成候しは此御刀なり 委細御家譜に有之故略之 勝たる利刀なり 此後ハ城井兼光ともいひし也

  • 「松井兼光」の由来は不明。
  • 天正16年(1588年)4月、黒田長政は城井鎮房(宇都宮鎮房)を中津城に招き、酒宴の席で謀殺する。また城下合元寺に留め置かれた家臣団も同じく黒田勢との斬り合いの末、全員が討ち取られた。
  • この時に使われたのが兼光で、以降黒田家では「城井兼光」と呼んだという。

    一、備前兼光御刀 二尺二寸三歩代金二十枚
    松山兼光とて、長政公御指料所々御陣中御指被成由
    天正十六年、豊前国にて城井中努鎮房を、中津御城にて御切害被成之も此御刀也、委細御家譜ニ有之故略之、勝れたる利刀也、此後城井兼光共言シとなり、甲斐守長興公被進之、今の甲斐守長重公ヨリ光之公江被進之

  • 中津城下の合元寺(ごうがんじ)に控えていた城井家臣の家老・渡辺右京進らは、鎮房暗殺時にことごとく討死した。合元寺の門前の白壁には血痕が残り、何度塗り替えても血痕が浮き出るためついに赤壁に塗り替えたといわれる。合元寺は別名「赤壁寺」と呼ばれ、現在でも合元寺の門前の壁は赤色に塗られている。

来歴  

  • 御当家有職故実

    長政公より甲斐守長興公へ被進今の甲斐守長重公より光之公へ被進之

  • 黒田長政はこの兼光を三男で初代秋月藩主の黒田長興へ与えたが、その子長重が3代福岡藩主黒田光之へ返還している。
    黒田長興の母は栄姫。慶長15年(1610年)生まれ。寛文5年(1665年)江戸藩邸にて56歳で死去。長政は、一時期嫡男忠之ではなく長興への家督相続を考えていたため、忠之の仲は悪かったという。子の長重の母は佐竹義隆の娘亀子(法流院)。すでに宗家も光之に代わっていたこともあって宗家とは和解しており、正室にも光之の娘富貴子(勝真院)を迎えている。
  • 元禄2年(1689年)の折紙が附く。

    備前国兼光 正真 長サ弐尺弐寸参分半 表裏樋磨上無銘也 代金子弐拾枚 元禄弐年五月三日 本阿(花押)

  • 現在は福岡県立博物館で所蔵。