鷲の巣行光

鷲の巣行光(わしのすゆきみつ)  

脇指
行光

  • 「脇指」と書かれているが、時代と同時に贈られている刀から見て、現銃刀法区分で言う「短刀」であると思われる。

由来  

  • 不明

来歴  

  • のち、秀吉の所有となる。
  • 天正20年(1592年)、毛利秀元に下賜される。

    秀元卿、廣島におはせしに、秀吉公、名護屋御下向に付、藝州の内、西條と申す所御泊なれば、御迎として、秀元上らせ給ひし、秀吉公則ち御對面ありて、早々廣島へ罷歸り、御待設け仕るべしとの御諚にて、夜通しに歸らせ給ふ。翌日廣島より、一里餘り御迎に出でさせ給ひしに、上様御供衆の内二人参られ秀元へ躍懸をなされ候間、見物仕るべき由、御諚候なり、(略)信長以来の儀共御物語ありて、各に聞かさせられしとなり。秀元歸らせられ、明くる朝御参ありしに、御膳の上にて御盃頂戴あり。其時御諚に、是は三好長閑(釣竿斎三好政康)といひし者、所持せし行光の御脇差鷲の巣といふぞと仰せられ、又光忠の御腰物、是は御腰を離されず、不断差させられ候を、下さるゝの由、御意にて、御両腰を拝領ましゝゝて、御立の時、又御馬鞍置拝領させられ
    毛利秀元記)

    翌日早朝、大夫殿被召寄、御腰物光忠御脇指行光被遣候
    卯月十四日(天正廿年)  安国寺
                 恵瓊(花押)
    (毛利家文書 一〇四一 安国寺恵瓊外二名連署起請文)

    秀吉より光忠の刀、行光の短刀を秀元に賜った。

  • その後「鷲の巣行光」がどうなったのかは不明。