鬼切安綱

Table of Contents

鬼切安綱(おにきりやすつな)  

太刀
銘 國綱(号鬼切
重要文化財
北野天満宮所蔵

  • 伯耆国大原安綱の作。
  • 可然物

    田村将軍、伊勢太神宮ニ奉納、頼光依夢想賜之、名ヲ鬼切と云太刀是也

  • 能阿弥本

    田村将軍、伊勢太神宮ニ奉納りけるに、頼光夢想によりて是を給り、酒呑童子と云鬼を切太刀

作刀  

  • 多田源氏の棟梁である源満仲が刀鍛冶に打たせた双剣のひと振り。

由来  

  • 頼光四天王のひとり、渡辺綱の手によって一条戻橋の鬼の腕を落としたことから、「鬼切」の名で呼ばれることになったという。
  • それによれば、渡辺綱が一条戻橋の上で一人の美女に出会い、夜も更けて恐ろしいので家まで送ってほしいと頼まれる。綱はこんな夜中に女が一人でいるとは怪しいと思いながらも、それを引き受け馬に乗せた。
  • すると女はたちまち鬼に姿を変え、綱の髪をつかんで愛宕山の方向へ飛んで行こうとしたため、綱は鬼の腕を太刀で切り落として逃げることができた。実は、女は茨城童子であり、酒呑童子の配下の鬼が化けた姿であったという。
  • その切り落とした腕を摂津国渡辺の屋敷に置いていたが、綱の義母に化けた鬼が言葉巧みに腕を取り返して空へと消えたとされる。
  • このときに使ったのは「髭切りの太刀」であったともいう。

来歴  

  • 元は坂上田村麻呂が伊勢神宮に奉納したものを源頼光が貰い受け、さらに渡辺綱に与えた。
  • 頼光から八幡太郎義家、のち新羅三郎義光を経て、何らかの由来で新田家に伝わった。
  • 南北朝騒乱の折、新田義貞がこの鬼切安綱を鬼丸国綱とともに佩いて奮戦したという。

最上家鬼切 

  • 新田義貞のあとが不明だが、出羽の豪族最上家にも鬼切丸が伝来しており、江戸期には五千石の旗本となっていた。
  • 明治2年(1869年)に新政府に提出した調書によると、多田満仲から頼光に、さらに頼国に伝来したものを源義家が蝦夷征伐に赴く際に借り、そのまま義家の子孫に伝わった。一時箱根権現に奉納されていたが、それを頼朝が貰い受け、のち最上家に伝来したとする。
  • 享保17年(1732年)11月21日、吉宗の命により最上義章が台覧に供している。

    此日、交代寄合最上監物義章が家に傳ふる鬼切丸の太刀。菊桐の紋貼したる刀架をめして御覽ぜらる。

  • 以後、当主が旅に出るときには駕籠の前に「鬼切太刀」と書いた立て札をたて、刀櫃に入れて担いでいったという。ただし中身は万一のことを考え模造した代剣であったという。本物は知行地である滋賀県八日市市大森の八幡宮に預けていたという。
  • 明治2年(1869年)12月には明治天皇の叡覧も賜った。
  • その時本阿弥光品は、銘「国綱」と読めるが伝来通り安綱であると鑑定している。
  • その後、最上家を出て輾転としている。明治13年滋賀県権令の籠手田安定の首唱で寄付を募って購入し、京都北野天満宮に奉納した。
    籠手田安定は山岡鉄舟の高弟となり、一刀流正統の証の朱引太刀を授けられている。




諸伝説との混同  

鬼丸国綱との混同  

  • 北野天満宮所蔵のこの鬼切安綱は、大原安綱の作だが現在は銘が改変されており、「國綱」と切り直されている。鬼切"丸"国綱
  • 北野天満宮によれば、「鬼切と号する太刀で、当初「安綱」と刻銘してあったが、後代に安の字に字画を加えて「國綱」にしたと伝えられる。源氏の重宝として最上家に伝来し、のち有志者より当宮へ奉納された。」という。
  • 「童子切」「鬼切」「鬼丸」はすべて差異はあれ「鬼を切った」ために名付けられている。さらに平家物語剣巻では、髭切渡辺綱の伝説以後、「鬼丸」と呼ばれたとする。
  • このため髭切こと鬼切は、国綱作の鬼丸国綱と混同される場合がある。
作者所持者補足
童子切安綱安綱天下五剣 / 国宝 / 東京国立博物館
鬼切安綱安綱新田義貞重文 / 北野天満宮所蔵(國綱改銘)
髭切
鬼丸国綱国綱新田義貞天下五剣 / 御物 / 山里御文庫
膝丸■忠源義経膝丸→蜘蛛切→吠丸薄緑(長円作)
髭切」と対で作らせたという

髭切との関係  

  • 平家物語剣巻によれば、「髭切」と「膝丸」は源満仲が作らせたとされる伝説の刀であるとする。二振りの片方「髭切」は、渡辺綱が一条戻橋で鬼を斬ったという逸話により「鬼丸(正しくは鬼切)」と呼ばれることになる。
  • しかし「髭切」の作者が刀剣書でバラバラなことでわかるように、古来より伝承した源氏伝説の名剣「髭切」と、安綱作の銘が残る現存刀「鬼切安綱」とは別物ということになる。ましてや鎌倉時代の国綱が鍛えたという「鬼丸」では時代がまったく合わない。
  • 同様に膝丸についても、大覚寺に現存するものは「■忠」と銘が入る。仮に伝来が正しいとすれば、髭切とともに作られたという伝説はこれにより否定される。逆に伝来がおかしいとすれば現存刀との繋がりはないということになる。
    この混同は北条執権家により意図的になされたとも指摘される。しかし当サイトでは、現御物の「鬼丸国綱」を不動のものとして考え、また古剣書における髭切作者のブレを考慮したうえで、それを元に上記表の通りの整理とし、またそれぞれを別項として記述している。現実的な説明としては、伝説の名剣髭切膝丸と現存刀には何らの関係はないと考えるのが適当であると思われる。






別の鬼切 

島津家  

伯耆安綱
鬼切
刃長二尺四寸八分
重要文化財

  • 薩摩島津侯爵家に伝来

肥後阿蘇北里家  

脇差
銘 安綱
北里幸夫氏蔵

  • 目釘孔3個
  • 肥後阿蘇郡小国郷の豪族、北里家にも鬼切丸が伝来していた。
  • 北里氏は、源頼光の弟である左兵衛尉源頼親の子、次郎左衛門尉信義に始まるとし、頼光には実子がなかったために甥にあたる信義に「鬼切」を与えたという。
  • この鬼切を守るため、北里家では代々の長女はそのお守りをするため家に残り、次の代の長女(つまり姪)が産まれるまで嫁に行けない掟があったという。
  • 現在は鎺上三寸ほどのところから折られ、先は一尺八寸七分の脇差になっている。
  • 折った理由は、秀吉が島津討伐の際に三成を使者にして献上するよう求めてきたために、北里三河入道は頼光より伝来の宝刀を草履取り上がりの秀吉ごときに渡せぬと叩き折ったとも、また朝鮮出陣か島原の乱の際に脇差にするために磨上たとも伝わる。
  • ただし、史実では源頼光には源頼国や源頼家を始めとして実子が多数おり、なぜあえて頼親の子に「鬼切」を渡したのか?という疑問が残る。
  • 北里氏はその後、北里惟経が肥後北半国19万5,000石で入国した加藤清正に250石で召し出され、寛永10年(1633年)に小国郷の惣庄屋に任命された。加藤氏改易後は移封してきた細川氏に臣従し、加藤氏時代から11代にわたって北里伝兵衛を称し惣庄屋を世襲した。
  • 細菌学者の北里柴三郎はこの惣庄屋家の支流に当たる。北里氏一族の棟梁である惣庄屋家の気位は高く、柴三郎が男爵に列せられて帰郷した際、「あんたも私達ぐらいになったつな?(あなたも私達に匹敵する位、お金持ちになって地位も上がったのか?)」と、惣庄屋家筋の者から嫉妬と羨望を込めて尋ねられたという逸話が残っている。


実盛作  

大原実盛作

  • 伯耆の鉄山に伝わった伝説では、大原実盛が日野郡俣野の鉄で造ったという。実盛は真守のこと。

大和行平 

大和行平

  • 渡辺綱が一条戻り橋または村雲の橋で鬼を切ったという刀。

河内有国作  

河内有国作

多田神社蔵「鬼切丸」  

  • また、多田神社には「源家宝刀鬼切丸」とされる刀が収蔵されている。

相州正宗 

  • 大内義長が自害の時に、杉民部大輔が大内家重代のこの太刀で介錯したという。

槍「鬼切丸」  


服部半蔵所用
西念寺所蔵(新宿歴史博物館保管)

  • 鬼半蔵と恐れられた服部正成の槍。
  • 三方ヶ原の戦いの戦功により、徳川家康より半蔵に与えられたと伝わる。
  • 東京四谷の西念寺に伝来。
  • 子孫の服部勘助が、万延元年(1860年)に描いた図によれば、半蔵が姉川合戦に用いたもので、明暦3年(1657年)の丸山火事の際に先一尺四寸一分ほど折れたため、三尺二寸八分になってしまったという。
  • 昭和63年3月4日新宿区の有形文化財に指定
  • 西念寺所蔵、新宿歴史博物館保管。通常は非公開

その他  

  • 舞草雄安、奥州真国、奥州武里、奥州幡房、奥州実次、備前正恒、筑後正恒、筑後俊延、粟田口国綱




関連する項目