飯塚藤四郎

飯塚藤四郎(いいづかとうしろう)  

短刀
足利藤四郎、飯塚藤四郎
長九寸三分

  • 享保名物帳所載(ヤケ)

    飯塚藤四郎 長九寸三分 代三千貫付 御物
    下野国足利の飯塚と申者所持にて常に樋の内へ入置し由、忠長公御家来なり飯塚、半治より被召、秀忠公へ進せらる

由来  

  • 駿河大納言徳川忠長の家臣、飯塚半次郎忠重というものの所持にちなむ。
  • 飯塚忠重はこの短刀を愛蔵し、いつも枕の下に入れていたという。

来歴  

  • 忠長の家臣、飯塚忠重の所持。
  • 徳川忠長が召し上げている。
  • 寛永2年(1625年)2月に秀忠が忠長邸に御成の際に、忠長から秀忠に献上する。

    五日駿河中納言忠長卿邸に大御所渡御あり。尾張中納言義直卿。水戸宰相頼房卿も御相伴としてわたらせらる。(略)けふの賜物。忠長卿に行平の御太刀。郷の御刀。米澤吉光の御脇差。(略)献物貞宗太刀郷義弘の刀。飯塚吉光の脇差。


「足利藤四郎」  

  • 本刀「飯塚藤四郎」は、別名「足利藤四郎」ともいわれるが、その由来は飯塚忠重が下野国足利の出身であったためとする。
  • 忠重の父、民部少輔綱重は佐野氏の重臣であった。佐野家の滅亡後に佐竹家に仕え、さらにのち徳川家に従属する。

タグ