頼光四天王

頼光四天王(らいこうしてんのう)  

源頼光が率いたとされる4人の家臣のこと。

渡辺綱  

  • 渡辺舎人綱。
  • 羅生門の鬼と戻橋の鬼を退治、「髭切」(鬼切)所持
  • 嵯峨源氏源宛の子で、摂津源氏の源満仲の娘婿である仁明源氏の源敦の養子となり、摂津渡辺に住す。
  • 養父源敦が源満仲の郎党に推し、満仲の死後は源頼光に仕える。

坂田公時  

  • 坂田靭鞍負公時。
  • 酒田足柄山の金太郎、波切所持
  • 母は足柄山の山姥であったという。
  • 足柄山の金太郎の力を試すために最後に戦った人物。勝負はつかなかった。

碓井貞光  

  • 碓井荒二郎貞光。
  • 一説に平貞道といい、父は平良文(村岡五郎)であるという。

    頼光朝臣の郎等に、平貞道と云ふ武士有りけり

  • この碓井貞光の子に平忠通があり、これが三浦氏・鎌倉氏らの先祖になったという。
  • 石切所持
  • 身の丈七尺の大男で、戸隠神社のお告げにより源頼光に仕える。
  • 足柄山の金太郎の力を試すために卜部季武の次に戦った人物

卜部季武  

  • 卜部六郎季武。
  • 平季武。
  • 父は卜部兵庫季国、母は三島の卜部尼公。父は源満仲に仕え、源頼光とその母を救った。その功績で卜部季武は頼光に仕えることとなる。
  • 平家重代の名刀「痣丸」所持。備前吉岡の守恒作という
  • 足柄山の金太郎の力を試すために最初に戦った人物