順慶左文字

順慶左文字(じゅんけいさもんじ)  


象嵌極め左文字
名物 順慶左文字
2尺3寸5分半
重要美術品

  • 左文字の極め
  • 享保名物帳所載

    順慶左文字 磨上長二尺三寸五分半 代金千五貫 松平淡路守殿
    筒井順慶所持、浅野但馬守殿へ行き家康公へ上る、大坂落城の後ち蜂須賀蓬庵へ淡路を遣はされ其節拝領、表裏樋竝(ならびに)影樋、忠(こみ)裏に筒井順慶磨上ると銀象嵌、慶安二極め

  • 行の棟、表裏に棒樋と添え樋をかき通す。鋩子は乱れこんで掃きかけ、尖って少し返る。目釘孔2個。
  • 差表に「左」、裏に「筒井順慶磨上之」と銀象嵌が入る。

由来  

  • 筒井順慶所持にちなむ。

来歴  

  • 筒井順慶から浅野長晟へ伝わり、家康に献上される。
    • 慶長18年(1613年)に長兄の浅野幸長が嗣子無くして病死したため、家督を相続した際に遺物として献上したものと思われる。
  • 元和元年(1615年)正月11日、蜂須賀阿波守至鎭の大坂冬の陣での功に対して、淡路国を拝領する。この時父である蜂須賀家政が家康に拝謁し御礼を述べた際に、「順慶左文字」が下賜された。
  • 以来蜂須賀家に伝わる。
  • 享保名物帳では「蜂須賀蓬庵(家政)」としているが、家政ではなくその子至鎮であるとする。
  • 当時は金三十五枚の折紙がついた。
  • 慶安2年(1649年)に七十五枚に昇格。しかし享保名物帳では千五百貫とする。
  • 以後も蜂須賀家に伝来。
  • 昭和4年(1929年)3月の日本名宝展覧会では蜂須賀正韶侯爵所持。
  • 昭和16年(1941年)4月9日に重要美術品指定、蜂須賀正氏氏の所持。


蜂須賀宗員  

  • 松平淡路守殿とは、蜂須賀宗純のこと。
  • 従四位下、淡路守。
  • 初名は松平清純、伊勢国桑名藩主・松平忠雅の次男で阿波徳島藩7代藩主蜂須賀宗英の養子となるが、24歳で早世。