音羽ノ城戸

音羽ノ城戸(おとわのきど)  

戦国時代の伊賀流忍者
中忍
城戸弥左衛門

  • 通称「音羽(おとわ)ノ城戸」。本名は不明
  • 火縄銃の名手で、他の忍者達の間でも恐れられたほどの腕だったという。織田信長の狙撃を2度試みたことがあり、いずれもうまく逃げおおせている。