青木来国次

青木来国次(あおきらいくにつぐ)  

短刀
青木来国次
九寸四分半

  • 享保名物帳所載(ヤケ)

    青木国次 長九寸四分半 代七千貫 御物
    青木紀伊守殿所持文禄の頃なり、其前は阿閉萬五郎所持なり、青木子息より福島左衛門殿求め

  • 「来」の字の下部が目釘孔にかかっており、「次」の字が消えていたが、光徳が来国次と極めた。

由来  

  • 青木紀伊守一矩所持にちなむ。

来歴  

  • 元は阿閉貞征(萬五郎)の所持。父は浅井氏家臣阿閉淡路守長之。阿閉貞征は明智光秀に仕え、山崎合戦で討ち死にする。
  • その後文禄の頃には越前府中城主であった青木紀伊守一矩が所持していたという。
  • 青木一矩は本阿弥光徳に鑑定を依頼している。子の右衛門佐俊矩に伝えるが関が原の戦いで西軍についたため除封となり、「青木国次」は福島正則の所有となる。
  • 正則が死去した際に子の正利が幕府の許可無く火葬したため咎めを受け、お家取り潰しの危機に陥る。正利は取りなしを願い、大御所・徳川秀忠に正宗の刀・青木国次の脇差・木亘肩衝を、将軍・徳川家光に大光忠の刀・大森義光の脇差・あふら茶入を、家光の弟・徳川忠長(駿河大納言)に切匁貞宗の刀・義光の脇差・修理肩衝をそれぞれ献上している。