霧隠才蔵

霧隠才蔵(きりがくれさいぞう)  

伝説の忍者
真田十勇士のひとり

  • 「霧隠鹿右衛門を元にした架空の忍者」とされる。
  • 伊賀忍者の頭領・百地三太夫の弟子とされている。
  • 立川文庫の55冊目に「真田三勇士忍術名人 霧隠才蔵」の巻があり、その中でキャラクターが構成されたと考えられている。
  • 真田十勇士では猿飛佐助に次いで人気があり、主役を務めることもある。

霧隠鹿右衛門  

  • 霧隠鹿右衛門が才蔵のモデルであるとされる。
    • ただし、霧隠鹿右衛門自体が「真田三代記」のみに登場する人物であり架空の存在であるとされている。
  • 立川文庫では、鹿右衛門は江北の大名浅井家の侍大将霧隠弾正左衛門の子として生まれ、2歳の時に浅井家が滅亡し遺児となっている。鹿右衛門は郎党に抱かれて伊賀の名張に落ち延び、長ずるに及んで伊賀流忍術の大家百地三太夫に師事し、忍術の極意を授けられる。
  • 元服して服部才蔵宗連と名乗り、姫路近くの山中で山賊となっていたところで佐助と遭遇。甲賀流の猿飛佐助と忍術比べのあげく幸村に仕えることになる。大坂夏の陣には、電光の如き大活躍をして、徳川軍の大軍を悩ませ、家康の本陣に忍び込み首を掻こうとするが、失敗する。大坂落城後、幸村に従い幸村の子の大助と協力し、豊臣秀頼脱出に成功する。

風神の門  

  • 司馬遼太郎の「風神の門」では、霧隠才蔵こと服部才蔵が主人公として登場する。
  • 真田幸村に忠誠を誓う猿飛佐助率いる甲賀の集団や、謎の技を駆使する風魔の集団、そして伝説の忍者獅子王院との忍術合戦に才蔵は命をかけて臨んでゆく。
  • やがて真田幸村の人物の大きさに心打たれた才蔵は、真田十勇士となり、猿飛佐助とともに大坂の役で活躍する。