陪臣叙爵

陪臣叙爵(ばいしんじょしゃく)  

将軍陪臣の叙爵

概要  

  • 江戸時代においては、大名の家臣(陪臣)は基本的に官位の授与を禁じられていた。
  • 御三家や加賀前田家の家老は陪臣であったが、大名並みに諸大夫に叙爵された。このことを「陪臣叙爵」という。
  • 陪臣叙爵は駿府徳川家、甲府徳川家、館林徳川家、越前松平家、越後松平家にも認められていた。

尾張徳川家・紀伊徳川家  

  • 定員6名
    • 尾張家では、成瀬・竹腰両家が優先された。

水戸徳川家  

  • 定員5名

加賀前田家  

駿河徳川家  

  • 朝倉宣正
  • 鳥居成次

甲府徳川家  

館林徳川家  

越前松平家  

越後松平家