備前長船長義(刀工)

長義(ちょうぎ / ながよし)  

備前長船派刀工
正宗十哲の一人
古刀最上作

  • 古くからチョウギと音読みされる。

生涯  

  • 備前長船光長の子
  • 通称藤左衛門
  • 相州正宗の門人となり、正宗十哲に数えられる。
  • のち伯耆または越後に移住する

二代説  

  • 二代説がある
    1. 長義の子を二代長義とする
    2. 初代の次男五郎左衛門長清がのち二代長義を襲名。長清は二代長義の子ともいう。

作風  

  • 相伝備前
  • 身幅広く、重ね薄く、反り浅い。
  • 切先伸びて豪壮な姿。
  • 鋩子は乱れこんで突き上げ、返りは深い。

 

  • 長銘に切り、書体も大きい。

著名作  

八文字長義
「鬼義重」と豪勇を恐れられた佐竹義重の所持。
六股長義
大久保忠世所持。
山姥切
堀川国広の写しで有名。昭和24年2月18日重要文化財指定。公益財団法人徳川黎明会所蔵、徳川美術館保管
南禅長義
土佐山内家旧蔵。
倶利伽羅長義
刃長一尺八寸
生駒長義
生駒一正所持
朱銘長義
脇差。大正13年4月15日重要文化財指定。妙圀寺所蔵、堺市博物館寄託
朱銘長義
刀、薙刀直し脇差
大坂長義
短刀。加賀藩前田家伝来
柳生長義
金粉銘長義。長2尺3寸3分半。重要刀剣。刀剣博物館所蔵
御物
在銘、折紙付き。
大長義
銘「備州長船住長義/貞治六年未丁十月」目釘孔2個
短刀
正平年号。出雲松平家伝来、折紙付き。川田小一郎男爵家所持。
太刀
銘「備前國長船住長義」。長二尺四寸一分、反り六分六厘。表裏棒樋に添樋をかき流す。中心磨上。表下半に長銘。その下に「作」の字の一分が残る。旧国宝
太刀
指裏金象嵌銘「長義磨上本阿(花押)」。重要美術品指定。土浦市立博物館所蔵
短刀
銘「備州長船住長義/正平十五年五月日」昭和6年1月19日重要文化財指定。個人蔵
太刀
銘「備前国長船住長義」長73cm、反り2cm。昭和15年5月3日重要文化財指定。公益財団法人蟹仙洞蔵
太刀
銘「備州長船住長義」長71.3cm、反り1.6cm。鎬造、色医胸、大鋒、両区。表裏に棒樋掻き流し。なかご磨上、栗尻、目釘孔四個。昭和11年5月6日重要文化財指定。株式会社ブレストシーブ所蔵

系譜  

長重  

  • 長義の兄あるいは弟という。
  • 建武、康永
短刀
銘「備州長船住長重/甲八月日」本阿弥忠栄目利書。長九寸二分。三棟。
光徳指料
七字銘長重。銘「備州長船住長重/甲戌」(建武元年)と在銘。本阿弥光徳の差料。光山押形所載。重要美術品。長八寸六分。中心うぶ。本阿弥猛夫氏所持。昭和17年6月26日重要文化財指定、昭和28年11月14日国宝指定。

兼重  

  • 弟子、または子
  • 康永、延文

長守  

  • 孫弟子
  • 正平、永和

兼長  

  • 孫弟子
  • 正平、貞治