長竜

長竜(ちょうりゅう)  

太刀
高平作

  • 古備前派高平作の太刀
  • 高平は、包平・助平とともに古備前の三平と呼ばれる。同じ畠山重忠所持と伝わる刀では、「蛇切り丸」、「秩父がかう平」、「七つ燭台」などがこの高平の作とされる。

由来  

  • 不明

来歴  

  • 元は、鎌倉時代初期の武将で有力御家人であった畠山重忠が所持していたという。
  • 戦国時代には秀吉の馬廻りを務めた小笠原左京大夫が所持している。
    • この小笠原左京大夫は、後に豊前小倉藩主となる信濃小笠原氏とは別系統の小笠原氏で、文禄元年(1592年)の文禄の役において肥前名護屋城に駐屯し、馬廻4番佐藤隠岐守の組に属している。
  • その後の来歴は不明だが、幕末には秩父の武甲山の蔵王権現(現、武甲山御嶽神社)にあったともいう。