足利義輝

足利義輝(あしかがよしてる)  

室町幕府第13代将軍
剣豪将軍
従五位下、正五位下左馬頭
従四位下征夷大将軍
参議、左近衛中将
従三位
贈従一位左大臣

生まれ  

  • 第12代将軍・足利義晴の嫡男として生まれる。
  • 幼名菊童丸
  • のち外祖父近衛尚通の猶子となる。この頃の幕府では父・義晴と管領の細川晴元が対立し、義晴はそのたびに敗れる。

将軍宣下(13代将軍)  

  • 天文15年(1546年)12月、菊童丸はわずか11歳にして父から将軍職を譲られる。なお父義晴もかつて11歳で元服・将軍宣下を受けている。
  • 将軍就任式は亡命先である近江坂本の日吉神社(現日吉大社)祠官樹下成保の第で行われ、六角定頼を烏帽子親として元服し、義藤(よしふじ)と名乗る。
  • ところが、晴元の家臣で、畿内に一大勢力を築きつつあった三好長慶が晴元を裏切って細川氏綱陣営に転属する。

三好長慶との和睦  

  • 天文21年(1552年)1月、細川氏綱を管領にするという条件で三好長慶と和睦し、京に戻った。ただし将軍とは有名無実で、長慶とその家臣松永久秀の傀儡であった。翌年(1553年)に晴元と協力して長慶との戦端を開くも敗退。再び近江朽木へ逃れ、以降5年間をこの地で過ごした。なお、亡命中の同23年(1554年)2月12日、名を義輝に改めている。
  • 永禄元年(1558年)11月、六角義賢の仲介により長慶との間に和議が成立したことに伴って、5年ぶりの入洛が実現し、幕府政治を再開する。この年の12月28日には、伯父である近衛稙家の娘を正室に迎えている。

将軍親政  

  • 義輝は幕府権力と将軍権威の復活を目指し、諸国の戦国大名との修好に尽力している。伊達晴宗と稙宗(天文17年(1548年))、武田晴信と長尾景虎(永禄元年(1558年))、島津貴久と大友義鎮、毛利元就と尼子晴久(同3年(1560年))、毛利元就と大友宗麟(同6年(1563年))、上杉輝虎(長尾景虎改め)と北条氏政と武田晴信(同7年(1564年))など、大名同士の抗争の調停を頻繁に行い、将軍の威信を知らしめた。
  • また懐柔策として、大友義鎮を筑前・豊前守護、毛利隆元を安芸守護に任じ、三好長慶・義長(義興)父子と松永久秀には桐紋使用を許した。さらに自らの名の偏諱(1字)を家臣や全国の諸大名などに与えた。例えば、「藤」の字を細川藤孝(幽斎)や筒井藤勝(順慶)、足利一門の足利藤氏・藤政などに、「輝」の字を毛利輝元・伊達輝宗・上杉輝虎(謙信)などの諸大名や足利一門、藤氏・藤政の弟である足利輝氏などに与えた。また島津義久、武田義信などのように足利将軍家の通字である「義」を偏諱として与える例もあった。
  • 永禄年間には信濃国北部を巡る甲斐国の武田信玄と越後国の長尾景虎(上杉謙信)との川中島の戦いが起きており、義輝は両者の争いを調停し、永禄元年(1558年)には信玄を信濃守護に補任するが信玄はさらに景虎の信濃撤退を求め、義輝は景虎の信濃出兵を認め、永禄4年には信玄に駆逐され上方へ亡命していた前信濃守護・小笠原長時の帰国支援を命じている。また相伴衆を拡充し、毛利元就、毛利隆元、大友義鎮、斉藤義龍、今川氏真、三好長慶、三好義興、武田信虎らを任じた。

最期  

  • 永禄7年(1564年)7月に長慶が病死。長年の政敵が消滅した義輝はこれを好機として、いよいよ中央においても幕府権力の復活に向けてさらなる政治活動を行なおうとした。
  • しかし、長慶の死後に幕政を牛耳ろうと目論んでいた松永久秀と三好三人衆にとっては、そのような義輝は邪魔な存在であった。久秀と三人衆は足利義稙の養子・足利義維(義輝の叔父)と組み、義輝を排除して、義維の嫡男・義栄(義輝の従兄弟)を新将軍の候補として擁立する。一方で義輝が頼みとする近江六角氏は永禄6年(1563年)の観音寺騒動以降、領国の近江を離れられなくなっていた。
  • 永禄8年(1565年)5月19日、久秀と三好三人衆は主君・三好義継(長慶の養嗣子)とともに義栄を奉じて謀叛を起こし、二条御所を軍勢を率いて襲撃した(永禄の変)。義輝は名刀三日月宗近等を振るって奮戦したが衆寡敵せず、最期は寄せ手の兵たちが四方から畳を盾として同時に突きかかり、殺害された。 享年30(満29歳没)。この時、摂津晴門の嫡子・糸千代丸も一緒に討ち死にした。また、義輝の生母である慶寿院も殉死している。

    十九日卯乙三好左京大夫義繼。松永右衞門佐久通率兵圍二條御所。將軍家奮戰之餘御自殺。慶壽尼公同投火。其餘從臣多戰死。

    五月十九日午時大樹有事。御母儀慶壽院殿。御舍弟鹿苑寺殿同時。討手三好左京大夫義繼。松永右衞門佐久通以下也。

    みよしぶけをとりまきて。ぶけもうちじににて。あとをやきくろづちになし候。ちかごろちかごろことのはもなき事にて候。

  • 辞世の句

    五月雨は 露か涙か 不如帰 我が名をあげよ 雲の上まで

  • この時、相国寺の塔頭鹿苑院の院主になっていた弟の周暠も松永らの命令を受けた平田和泉守に誘い出され、小姓とともに京都へ行く途中で殺害された。なお、小姓は周暠が殺害された直後に平田を殺害した。(美濃屋正宗
  • 法号光源院融山道圓

    六月七日申壬此日。
    從四位下源義輝。左中將。征夷大將軍。五月十九日有事。同六月七日贈左大臣從一 位。陣宣下。號光源院。法名融山道圓。上卿帥中納言。奉行職事重通朝臣。

    ぶけぞうくわんのせんげあり。左大臣。じやうけい山しな。ぶ行頭中將。辨右中弁なり。

剣豪将軍  

  • 剣術をよくし塚原ト伝から「一ノ太刀」の伝授を受けたという。
  • 剣豪将軍と渾名される

小説に見る義輝  

関連項目