豊前江

豊前江(ぶぜんごう)  


無銘 江
名物 豊前江
2尺2寸5分
重要文化財
個人所蔵

  • 御家名物
  • 郷義弘(江)の作と伝えるものの中で最も華やかな出来であり、同作中の優品であるとされる。
  • 鎬造、庵棟、重ね薄く、中鋒。鋩子は乱込み、掃きかけ金筋かかる。中心は大磨上、中心先栗尻、鑢目切、目釘孔1個。
  • 裏に「豊前江」朱書き

由来  

  • 号のいわれは不明

来歴  

  • 昭和12年(1937年)5月27日に重要美術品指定。小笠原忠春伯爵所蔵。
  • 昭和31年(1956年)6月28日重要文化財指定。
  • 文化庁の調査により、現在行方不明となっている。