蝉折

蝉折(せみおれ)  

名笛
須須神社所蔵(石川県珠洲市三崎町)

  • 謡曲「敦盛」において、「小枝、蝉折さまざまに、笛の名は多けれども」と名笛の代表として出てくる。

    身の業の。好ける心に寄り竹の。好ける心に寄り竹の。小枝蝉折様々に。笛の名は多けれども。草刈の吹く笛ならばこれも名は。青葉の笛と思し召せ。住吉の汀ならば高麗笛にやあるべき。これは須磨の塩木の海士の焼き残しと思し召せ。海士の焼き残しと思し召せ。

由来  

  • 鳥羽院の頃、宋の皇帝から御堂造営の為にとて、檜木の材木を所望ありけるに砂金千両に檜木の材木贈ったところ、そのお返しとして種々の重宝を返送したと言う。
  • その中に、生きた蝉のような節のついた笛竹(漢竹)を一節贈られた。大変貴重な笛竹であったため、三井寺の法輪院覚祐僧正(大進僧正覚宗)に命じて、祭壇の上で七日間の祈祷を行ってから笛にされたと言う。
  • これで作った笛を高松中納言藤原実衡(実平)が吹いた際、普通の笛と同様、うっかり膝より下に置いたところ、笛が無礼をとがめたのか節のところで蝉が折れてしまったために、以降「蝉折」と呼ばれたという。

来歴  

  • その後、「御孫子とて」「笛の器量(上手)たるに依って」鳥羽院孫にあたる高倉宮(以仁王)が相伝し愛用していたが、平家追討の「令旨」を発して決起した際に、立ち寄った三井寺園城寺金堂の弥勒菩薩像に預け奈良へ向かうが、途中宇治平等院にて頼政もろとも討ち取られる。
  • なお以仁王は、「蝉折」とともに「小枝」も所持していたが、三井寺に落ちる際に高倉院御座所の枕元に忘れたのを長兵衛尉信連(長信連、長谷部信連、左兵衛尉。滝口の武士)が追いつき手渡したと言う。
  • 再び宮中に戻った後、平家の手から源義経の所持するところになったという。
    • 平時忠が壇ノ浦の後に能登の大谷(珠洲市)へ流罪となっており、後に義経がこの時忠の家に泊まり、船出の際には時忠の娘の蕨姫も同行したと伝わる。
  • 須須神社蝉折笛縁起によると、頼朝に追われる身になった義経一行が奥州平泉へ向かう際、安宅の関(石川県小松市)から舟で出たが三崎(須須)の沖で大暴風雨が吹き押し戻されたと言う。
  • 義経が三崎権現に祈願したところ暴風が止んだため、加護に感謝した義経が須須神社を訪れた際に、所持していた「蝉折」と、弁慶が所持していた「左」と言う銘入りの守刀が奉納されたといい、今に伝わる。
  • この三崎権現とは現在の須須神社(すずじんじゃ)であり、「蝉折の笛」は弁慶が奉納したという「弁慶の守刀」と共に宝物館に所蔵されている。