蜂須賀正恒

蜂須賀正恒(はちすかまさつね)  

太刀
正恒
刃長77.6cm、反り2.6cm
国宝
ふくやま美術館寄託(法人蔵)

  • 古備前鍛冶正恒の作
  • 鎬造、庵棟、小鋒詰まり、腰反り踏ん張りがある。
  • なかごは生ぶで、勝手下がりの鑢目つき、目釘孔の下に「正恒」の二字銘が入る。

来歴  

  • 阿波徳島藩主、蜂須賀家に伝来した。
  • 昭和8年(1933年)1月23日に旧国宝指定。
  • 昭和10年ごろに同家が売りに出したのを、わかもと製薬の社長夫人長尾よねが買い取った。
  • 昭和27年(1952年)3月29に新国宝指定。