薬研藤四郎

薬研藤四郎(やげんとうしろう)  

短刀
薬研通吉光
八寸三分

  • 享保名物帳所載(ヤケ)

    薬研藤四郎 長八寸三分 無代 信長公御物
    畠山尾張守政長所持、居城河内国正覚寺へ細川政元、同義豊(畠山)責寄せ候時に明応九年四月九日(明応2年閏4月25日)政長生害の節、此短刀にて腹切むと三度まで突立けれども通らず、名作とて持傳へたれど無益の道具かな迚(とて)擲すてければ、傍らに有之ける薬研へ突立、表裏二重に貫き通す、主の別を思ふ故か、丹下備前守、信国鵜首造りの脇指にて我腹を二度まで突き、刄味よし是にて遊ばされ候へ迚出す、其にて腹切る夜るの事なり、元亀四年正月十日松永弾正親子尾州岐阜へ参向の刻、信長公へ上る京都本能寺にて焼る。

  • 平造り、刃紋は直刃、鋩子は小丸。うぶ中心で目釘孔1個。吉光の二字銘。

由来  

  • 「藤四郎吉光の短刀は、切れ味は抜群だが主人の腹は切らない」という言い伝えがある。
  • これは、明応の政変で河内正覚寺城を包囲された畠山政長が、我が子尚順を逃した後この薬研藤四郎で自害しようとした際に、何度やっても腹に刺さらず腹を立てた政長が投げつけたところ薬研に表裏を貫いて突き刺さったことからこの名がついたという。そこで家来の丹下備後守が自分の差料信国で自分の膝を二度刺した後、政長に差出し、それで腹を十文字に掻き切って果てたという。
    薬研(やげん)とは、漢方薬などを作る際に薬種(草・根・木あるいは動・鉱物質)を細かくするのに使う道具。

明應二年四月九日ノ夜ニ入テ。政長今ハ心ヤスシトテ。葉室大納言光忠卿以下籠城ノ人々最後盃シテ。ナミ居テ腹ヲ切玉フ政長藤四郎ノ刀ニテ腹ヲ三度マデ引玉ヘドモ。曾而キレザリシカバ。ナゲヤリ玉ヘバソバナルヤケンニアタリ。ヤケンヲバウラヲモテ二重トヲシケル。扨コソヤケン藤四郎トモ申ケル。扨テハ重代ノ刀ニテ。上ヲ惜ミケルゾヤ。イカヾスベキト宣フ處ニ。
(畠山記)

伝来  

足利将軍家  

  • 元は足利義満の佩刀。
    足利重代の薬研徹し(やげんとおし)。これが薬研藤四郎と同物とされる。
  • 明徳の乱(1391年)直後の成立と見られる「明徳記」では足利義満所持と伝える。

    御所様(義満)其日の御装束は態と御小袖をばめされず、ふすべ革の御腹巻の中二通り黒皮にて威したるを召し同毛の五枚甲の緒をしめ、累代御重宝と聞へし篠作と云御佩刀に二銘と云御太刀二振そへてはかせ給ふ、薬研通しと云御腰の物をさゝせたもう云々
    (明徳記)

    「畠山記」では明応の政変時の畠山政長によるエピソードと号の由来を伝え、それが世に広く流布されているが、それより100年「前」の成立と見られている「明徳記」の明徳二年(1391年)12月の項に登場している。

    いずれが正しいのかについてはよくわからないが、「詳註刀剣名物帳」では下記のように足利家伝来と断定している。この場合、足利将軍家ですでに「薬研通しと云」と薬研通しの名がついているため、号の由来は政長が投げた所突き刺さったためということではなくなってしまい、由来がわからなくなる。

    右の説明(政長が放り投げると薬研に刺さった云々)は「畠山記」に記す処に拠りたるものなり、この小刀もとは足利家の物なり、「明徳記」に(上述引用につき略)とあれば、足利家の物たるは明かなり

畠山家  

  • 政長の時には畠山家にあったが、将軍家に戻ったとみられる。

足利将軍家・松永弾正  

  • 足利将軍家の重宝となり、13代足利義輝を攻め殺した松永弾正が分捕り、所持した。

織田信長  

  • 元亀4年(1573年)、織田信長が入洛の際に松永久秀が献上した。

    角て松永親子、元亀四年正月十日、岐阜へ参向し、御礼申、不動国行の刀、薬研藤四郎の脇指など進上申しけり。
    (信長記)

  • 天正8年(1580年)津田宗及に見せた刀の中にこれが含まれている。

    同二月廿二日 上様御前ニて 於京都
    御脇指 十四腰 御腰物 八腰
     薬研透吉光  ※本文注「薬研透シハ足利義満所持ノ名刀」 (薬研藤四郎)
    天王寺屋会記

豊臣秀吉  

  • その後、本能寺の変の際に安土城より持ち出されていたが、坂本城に包囲された左馬助が不動国行太刀、二字国俊とともに天守から投げ下ろして堀秀政(名人久太郎)に託したという。

    左馬助は光秀安土の城より取来る不動国行太刀、二字国俊の刀、薬研藤四郎の脇指、ならしばの肩衝、乙御前の釜、餌ふごの水さし、虚堂の墨跡等を唐織の夜衣に包、女の尺の帯にて結付、殿守の武者走へ持出
    (武辺咄聞書)

    この薬研藤四郎、本能寺にて焼たるのち太閤の手に入りしなるべし「難波戦記」に「秀頼卿最後の時、薬研藤四郎と云刀と骨喰と云刀焼失たりと云り」と記せり
    詳註刀剣名物帳

  • 後に豊臣秀吉に献上され、秀頼が秘蔵したという。
  • 太閤御物刀絵図」にも記載がある。石田本はこの薬研藤四郎で始まっており、埋忠本でも記載が確認できる。

    屋けん吉光

    やけん、はたしんなり、口伝在之 (薬研藤四郎、肌しんなり、口伝これあり)

    御物 薬研藤四郎 八寸

    ただし「豊臣家御腰物帳」に記載されていない事を考えると、秀頼には相伝されなかった可能性がある。足利将軍家・信長と伝わった名物であり、かつ几帳面な片桐且元が書き漏らすとも考えにくい。天正16年の石田本に記載がありながら慶長5年からの御腰物帳に記載がないことから、この間に豊臣家を出ていた可能性があるが、それにも関わらず元和元年の埋忠本に記載がある点についてはよくわからない。なお埋忠本では大坂の役で焼けたものについては「ヤ」と記すが、薬研藤四郎については記さない。つまり大坂の役では焼けていないということになる。

徳川将軍家  

  • 元和元年(1615年)5月、大坂落城後に行方がわからなくなっていたが、河内の農民が拾い本阿弥又三郞が入手し、金百両にて家康に献上している。

    廿九日秀頼秘藏せし藥研藤四郎吉光骨喰の名付たる太刀を。河州の農民拾ひ得しとて。本阿彌又三郎二條城へ進覽せしかば。又三郎に返し下されしに。又三郎これを伏見城に持参して獻ず。よて金百兩下さる。
    (徳川実紀)

  • ただしこの実記が引いている書物を見ると、次のようになっている。

    廿九日秀頼所持之骨喰刀吉光一尺九寸五分本阿弥又三郎尋出献 御前處則被下□本阿弥然所本阿弥将軍家差上則黄金十枚賜之云
    (駿府記)

    同月二十八日 秀頼所持藥研藤四郎吉光太刀、骨喰と號して長さ一尺九寸五分あり。河州の農民拾ひ得て、本阿彌又三郎に見せしむ。是に依て、本阿彌又即ち大神君に獻ず。御覧の後、又三郎に返し下さる。後日に秀忠公進上し、御受納あつて黄金五百兩、白銀二千枚を本阿彌に給ふ
    (關難間記)

  • かなりブレはあるが両者ともに共通しているのが刀長で、いずれも一尺九寸五分としている。「薬研藤四郎」であれば八寸三分近くのはずであり、さらに「骨喰藤四郎」は太閤御物刀絵図でも一尺九寸五分半としている。藤四郎吉光作ということで、骨喰と薬研を混同した可能性が高い。
  • その後の行方は不明。

    其後の事詳かならず、明暦三年徳川家名物焼失目録にもこの刀の名は見えず。
    詳註刀剣名物帳

  • 享保名物帳には「信長公御物 焼身」として所載されている。
    薬研藤四郎が大坂城(秀吉・秀頼)に伝わったことは複数の「太閤御物刀絵図」に所載されていることから確実だが、その後江戸期まで伝わったのかどうかについてはよくわからない。名物帳の焼身は大半が「御物」または「大坂御物」であり、「信長公御物」という記載自体、享保期にすら伝来が不詳であったことを示している。そもそも「薬研」の由来となった出来事と足利義満所持についても矛盾しており、名高い名物ながらも謎多い刀としか言いようがない。

タグ