荒切

荒切(あらきり)  

太刀
福留親政佩用

由来  

  • 元は長宗我部元親の家老福留親政の佩刀。
  • 天正3年(1575年)、土佐の統一を果たした長宗我部元親が阿波に出兵した際、福留親政(儀実)が「おれが敵兵を荒切りにしていくから、後ろから来るものが小切りせよ」と命じて敵中に切込み、敵を一刀ずつ斬って計37人に手傷を追わせたという。
    「土佐物語」では20人切り、「元親記」では37人切りと伝える。
  • 福留親政は、この時の太刀を「荒切り」と名付け、元親の父である長宗我部国親に献上したという。
  • 異説には、これは永禄6年(1563年)に安芸国虎が岡豊城に攻めてきた戦いであり、親政の子福留隼人儀重であるとする。
    これが事実であるとすると、天文18年(1549年)生まれの儀重は当時15歳となる。

福留親子  

  • この親政の働きぶりは「福留の荒切り」と呼ばれ土佐で語り継がれた。親政への信頼は厚く、元親嫡男の長宗我部信親の傅役を務めるなど重用された。
  • また子の福留儀重も父親政に劣らず武勇に優れ、土佐の童謡にも「蛇もハミ(マムシ)もそちよれ、隼人様(はいとぅさん)のお通りじゃ」と歌われる程であったという。さらに禁酒令を破った主君元親に対して、酒樽を打ち砕いて諫めたという逸話も残る。
  • 儀重はのち天正14年(1587年)12月の戸次川の戦いに出陣し、元親嫡子の長宗我部信親らとともに討ち死にした。
    長宗我部信親の母は石谷光政の娘である。明智光秀の家臣斎藤利三の異父妹にあたる。
    身の丈六尺一寸(約184cm)、幼い頃から聡明を謳われ、元親はこの信親の将来に期待すること大であり、遠国から武芸学問の師を招き英才教育を施した。信親の「信」は織田信長から一字拝領したものであり、この時に左文字の刀を与えられたという。
    戸次川の戦い後、信親の遺骸引き取り方に訪れた谷忠澄に対して、敵方の島津家臣新納忠元は涙を流して弔意を表し、遺骸と武具を返還した上で、信親が討ち死した地へと案内したという。
  • この福留親子は高知県高知市大津乙(おおつおつ)の隼人神社(田辺島神社)に祀られている。童謡にちなみ、この神社の土を取って帰って撒くと、その年中蛇が寄り付かなくなるという信じられた。