草薙剣

草薙剣(くさなぎのつるぎ)  

天叢雲剣のこと

  • 三種の神器の一つ、草薙剣の別名。
  • 日本武尊に至って、名を草薙剣(くさなぎのつるぎ)と改めたという。

経緯  

  • 天叢雲剣」は、スサノオののち天孫降臨の際に葦原中国へ降りるニニギ(瓊瓊杵尊)に手渡される。
  • その後、皇居内には天照大神の神体とされる八咫鏡とこの「天叢雲剣」が祀られることになった。

日本武尊(ヤマトタケルノミコト)  

  • 景行天皇の時代、「天叢雲剣」は東征を命じられた日本武尊に渡される。
  • 伝承によれば、日本武尊は駿河国において敵の放った野火に囲まれ窮地に陥る。しかし、この「天叢雲剣」を使って草を薙ぎ、窮地を脱したという。
  • この故事に倣い、「天叢雲剣」はこののち「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」と呼ばれるようになったという。