若江正宗

若江正宗(わかえまさむね)  

短刀
無銘 正宗
名物 若江正宗(十河正宗
8寸5分(25.75cm)
徳川黎明会所蔵

  • 享保名物帳所載(ヤケ)

    若江
    十河
    正宗 無銘長八寸七分棟丸し 不知代 大坂御物
    河内国若江と申所より出る、十河十左衛門殿所持、一説に信長公の御時、池田丹波守、多羅常陸介、野間佐善、是を若江の三人衆と申、此内の人所持により若江と名付と光山被申也
    又古き寫本に西川とあり西川讃岐守所持候とも申也

  • もとは八寸七分、焼き直されて八寸五分となる。棟も丸棟だったが真の棟に直された。無反り、平造り。目釘孔はもとから2個。下の孔は瓢箪方。

由来  

  • 本阿弥光山によると、河内若江から出たため。あるいは若江三人衆と呼ばれた池田丹波守・多羅尾常陸介・野間左膳のうち誰かの所持だったためという。
  • 三好実休の末子、十河十左衛門一存の所持だったため十河正宗ともいう。

来歴  

  • もとは十河一存の所持。
    十河一存は、三好長慶、三好実休、安宅冬康らの弟。永禄4年(1561年)和泉国で死去した。享年30。
  • 天正9年(1582年)の天王寺屋会記に登場する。

    同十一月十二日朝 多良尾常陸會
     爐ニひらぐも平釜ツリテ  長坂ニ雷盆
     追門茶碗
    一 正宗ノ脇指持出テ見せられ候 前ニ十河殿(十河一存)所持之脇指也メイナシ

    • 多良尾常陸:若江三人衆の多羅尾常陸介とされる。
  • 秀吉の所持となる。一之箱。

道合正宗同物説  

  • なお、明暦の大火で焼けた名物の中に「道合正宗」があり、道合はそごうとも読むといい、これが十河正宗(若江正宗)であるとされる。
  • とすると、明暦の大火後に焼き直され尾張家へ移ったことになる。尾張家では天守閣での保存。

写し  

  • 康継により「若江正宗写し」が作られている。