若楓

若楓(わかかえで)  


薩摩波平の作
刃長一尺五寸

由来  

  • 天文20年(1551年)陶晴賢が主君大内義隆を殺害してから間もないころ、大内家中で煎海鼠酒(いりこざけ)を飲む会が流行っていたという。
  • 晴賢も毎晩毎晩煎海鼠酒を飲み明かし、その夜も青景越後守邸における煎海鼠酒の会が行われ、晴賢がしたたか飲んで明け方に帰館し寝室の前まで来た時、小姓の若杉九郎の声が聞こえた。
  • 若杉九郎が、陶晴賢と乳兄弟の伊加賀采女に「殿はまだお帰りでないがどうしたのだろう」と尋ねたところ、采女は、「殿は煎海鼠酒だ。煎海鼠酒は殿だ」と冗談をいったところ、それを聞いていた陶晴賢が激怒し、部屋に飛び込むと同時に「若楓」で采女を斬りつけた。
  • 采女は驚いて飛び起き、夜具で切先を避け庭に飛び降りる。
  • 怒り狂った晴賢が「たとえ唐天竺まで逃げても必ず探しだして首を刎ねるぞ!」と叫ぶのを聞いて采女は観念し、廊下に上がり首を差し出すと晴賢は一刀のもとに首を切り落としたという。
  • 采女の父は乳母である伊香賀民部隆正で、我が息子が首を斬られたと聞いて激しく動揺しつつも「主君のことを悪しざまに申しご勘気を被るようなものを供養するはずもない」と死体を縁の下に突き落としたという。
  • その後も伊香賀民部の忠義は変わることなく、晴賢最期のときに介錯した後、自分は立ったまま自害して果てたほどの豪傑であったという。