芦葉江

芦葉江(あしばごう)  


無銘 伝郷義弘
号 芦葉江
長さ71.5cm、反り2.6cm
香川県指定有形文化財
高松市歴史資料館所蔵(高松市)

由来  

  • この刀には、細川忠興(三斎)の詠んだ歌が附けられている。その歌から名付けられたという。

    難波江のうどのの里に来て見ればあしとは見えぬ義弘の太刀

    • これに貫名海屋(ぬきな かいおく)の細字で何か由緒書きが認められているという。

来歴  

  • 元は小西行長が拝領したもので、昭和になって大西家で発見された。
    元は讃岐揚家の所有ともいう。揚(あげ)家は桓武平氏を称し、元は久保姓という。讃岐(香川)きっての資産家として知られ、刀剣も多数所蔵した。
     「芦葉江」は、琴平電鉄社長の大西禎夫の元に揚家(欣之助氏か)の娘が輿入れした際に大西家(小西家)に移ったという。大西禎夫氏の後、琴平電鉄は禎夫の実兄虎之助の息子大西潤甫氏が継ぐがのち経営破綻、その後は香川日産自動車前社長の真鍋康彦氏が社長となった。現在は真鍋氏の長男である真鍋康正氏が社長となっている。
  • 大西家は讃岐高松に土着した多くの小西家の残党の中で一番の大家族であったため、世の人が「小西ではなく大西だ」と呼ぶようになり、後に大西姓を名乗るようになったという。
  • その後、坂出市の医者で愛刀家の下村勲氏が入手。
  • 下村氏の死後10年目の命日に高松市に寄贈された。
  • 平成11年(1999年)6月22日に香川県の有形文化財に指定。
  • 現在は高松市歴史資料館で所蔵。


貫名海屋(ぬきな かいおく)  

  • 江戸後期、徳島生まれの文人書画の巨匠で儒者。
  • 姓は吉井、名は苞、字を君茂・子善、通称は泰次郎、別号に菘翁・方竹山人・須静山人等。