芝吉光

芝吉光(しばよしみつ)  

短刀
九寸五分

由来  

  • 江戸の芝で銭五十文で買ってきた短刀を、無縁坂の業者が二百文で買った。
  • さらに本阿弥光温がそれを五百文で買い上げて研ぎあげたところ、粟田口藤四郎の正真で、銘は大口の「吉光」二字銘であった。

来歴  

  • 本阿弥光温が加賀藩主前田利常に見せたところ、金子二百枚でお買い上げになったという。
  • 光温は五百文で買ったものですからと百枚を返した。
  • しかしその後何かの事に付け五枚、十枚とくだされ、結局二百枚でお買い上げしたものと同じになったという。
  • のち本阿弥家では五百枚の折紙をつけている。
  • 加賀前田家所蔵。
  • しかし文化の頃にはもう前田家を離れていた。