脇屋江

脇屋江(わきやごう)  

太刀
刃長二尺三寸一分

  • 表裏に樋、佩き表物打ちの刀縁は肌たつ。

由来  

  • もと脇屋右近が所持したことにちなむ。
    脇屋氏の詳細不明。本阿弥が入手しているところを見ると、豊臣方の家臣であったと思われる。
  • 大坂城の落城後に、本阿弥光徳が徳川家康に献上した。
  • 3代将軍家光は、これを慶安3年(1650年)に松平四郎五郎へ与えている。
    松平四郎五郎の詳細不明。十八松平家に四郎五郎を称した人物が何名か存在する。