肥後江

肥後江(ひごごう)  


大磨上無銘 郷義弘
二尺三寸四分

  • 肥後郷、熊本江、熊本郷、紀伊江、紀伊郷
  • 享保名物帳所載(ヤケ)

    肥後
    熊本 郷 磨上長二尺三寸四分 代金二百枚 御物
    紀伊
    加藤肥後守清正卿、光瑳取次にて代五千貫にて御求め、紀伊大納言へ進之、家康公へ上る、肥後の城下を熊本と云ふに付三品に名く

由来  

  • 加藤清正所持で、その領地である肥後熊本の名がつく。また紀伊家に贈られたあと将軍家に上ったため紀伊江ともいう。

来歴  

  • 本阿弥光瑳の取次により、加藤清正が五千貫で購入。(千五百貫とも)
  • 加藤清正の娘、瑤林院を紀伊大納言頼宣に嫁がせる際に、婿引出として頼宣に贈った。
  • 頼宣はこれを家康に献上する。百枚の折り紙が就く。